感染症・褥瘡・動脈瘤症例 アセスメント ゴードン

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数2,020
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ゴードンの「機能面からみた11の健康パターン」を使用してアセスメントしました。 87歳男性 

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ゴードン「機能面からみた11の健康パターン」に基づくアセスメント
      関連するデータ    解 釈 ・ 分 析  結 論 <パターン>
    <健康知覚・健康管理パターン>
    S:
    ・喫煙:なし(以前は10本/日)
    ・医師からの説明内容と受け止め:(腹部大動脈瘤について)大変な病気だと言われた。
    ・自己管理に対する考え:肺炎に対しては、良くないと思っている。(11/8)
    ・以前に喫煙歴はあるが、現在は喫煙はしておらず、喫煙による呼吸機能の障害は見られていない。
    ・健康知覚については、肺炎になってはいけないという認識は抱いていることが考えられる。そのため、肺炎予防の説明を行いながら、声かけなどによって肺炎予防を図ることは可能である。
    ・病識については、認知症があるため十分に理解していない可能性も考えられるが、安静にしていなければならない理由、病と共に生きていくことを説明しながらケアを進めていくことが必要と考えられる。しかし、Yさんの場合は認知症であるため病気についての正しい理解を維持していくことは困難と考えられるため、病気の説明よりも状態の改善を見据えて、今後の治療の方向性を説明して、Yさん自身..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。