コルビジェの失敗

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,908
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    コルビジェの失敗
    ル・コルビジェは、インターナショナルスタイルの先駆者であり、建築界の「教祖」的な存在である。合理主義者の彼は、独自のルールを作り、その反復によって多くの建築を作り、成功した。彼はこれからの建築の流れをよく理解し、洗練されたデザインを作り上げた。サヴォア邸がその良い例であろう。70年前の建物とは思えないほど、今も色あせず建ち続けている。確かに、コルビジェは一つの建物のレベルでは非常成功していた。しかし、そのやり方は都市全体の計画には通用しなかった。建物だけでは満足しなかった彼が唱えた都市計画論は、彼の死後から多くの批判を受けることとなった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コルビジェの失敗
    ル・コルビジェは、インターナショナルスタイルの先駆者であり、建築界の「教祖」的な存在である。合理主義者の彼は、独自のルールを作り、その反復によって多くの建築を作り、成功した。彼はこれからの建築の流れをよく理解し、洗練されたデザインを作り上げた。サヴォア邸がその良い例であろう。70年前の建物とは思えないほど、今も色あせず建ち続けている。確かに、コルビジェは一つの建物のレベルでは非常成功していた。しかし、そのやり方は都市全体の計画には通用しなかった。建物だけでは満足しなかった彼が唱えた都市計画論は、彼の死後から多くの批判を受けることとなった。
    コルビジェはハワードの田園都市に共感を受け、独自の都市計画論を唱えた。「輝ける都市」である。彼の都市計画論は非常に単純で分かりやすかった。住宅を高く積み上げることによって、広大な空き地が得られる。そして、この空き地がコミュニケーションやスポーツの場となる。テーマはずばり「地球からの脱却」である。住居や交通網は地上から5メートル持ち上げられ、従来の横に伸びる通りの代わりに垂直の「通り」である摩天楼やエレベーターを導入した。彼はこれを“..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。