焼肉産業の競争戦略―新たな価値創造を向けて−

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数15
閲覧数1,322
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    マイケル.E.ポーターは競争戦略を中心とする経営戦略の第1人者であり、競争というものを産業組織面から取り上げ、今は企業内部の組織的な活動もその主領域に入れている。本論文はこうしたポーターの競争戦略を中心に、その中でもポーターの理論の核心的な位置にある価値連鎖について、はたして価値連鎖とは何か?そしてそれが競争という状況のもとでどう働くべきか、戦略という概念からなる価値との相互関係などを検証してみる。その事例として提示するのが食文化とくに、そのなかから日本と韓国の同じ焼肉業界の異質性と戦略の差異を検証し、新たな競争優位戦略を導きたいと思うのである。戦略的競争優位にはコスト効率を基本に集中(コア•コンピタンス)と差別化による市場でのポジショニングが行われるべきである。したがってこのような活動は容易なことではなく緻密な設計とそれに伴うシステム化が整備されないと不可能である。その点で、ポーターの価値連鎖モデルはこういったシステム化を具体的に表したもので意味を持っている。本論文はポーターのダイナミックな競争戦略理論を重点に焼肉業界を取り上げながら競争優位に立つため、どんな活動•どんなシステムを図るべきかを探求する目的を持っていることを伴い、経営戦略が実際1つの行動として、人生のなかで得られる思想•哲学•価値観といった、もっと深い分野への逃戦にもなるのである。実際、経営の主体は人間であり、競争の相手も人間である。従って、決められていないこの人間の行動パターンを経営と、競争の優位に立つために必要とするのが戦略であり、それは競争戦略になるのである。
    一方、人が生きてゆくには食べなければならない。したがって、食文化は人間の歴史とともに維持されてきた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    焼肉産業の競争戦略
    ―新たな価値創造を向けて-
                              
        
         キーワード
    パターンと戦略   価値連鎖システム    戦略の幅と深さ
         目次
    はじめに   
    1章 競争戦略論
    1節 戦略に関する先行研究 
    2節 競争戦略
    3節 価値連鎖
    焼肉産業の競争戦略
    1節 日本の焼肉産業概要
    2節 韓国の焼肉産業 
               3節 焼肉産業の競争戦略
               問題意識
    3章 歌舞伎町周辺の韓国焼肉屋競争
    1節 競争状況
    2節 焼肉レストラン‘ユニヤ’の競争戦略
    ユニヤの競争優位のための価値連鎖システム化
          おわりに
    はじめに
    マイケル.E.ポーターは競争戦略を中心とする経営戦略の第1人者であり、競争というものを産業組織面から取り上げ、今は企業内部の組織的な活動もその主領域に入れている。本論文はこうしたポーターの競争戦略を中心に、その中でもポーターの理論の核心的な位置にある価値連鎖について、はたして価値連鎖とは何か?そしてそれが競争という状況のもとでどう働くべきか、戦略という概念からなる価値との..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。