成長戦略論-リビング・コンパ二ーになるために

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数717
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    リビング•カンパニーの4つの特徴
    (1)資金調達に保守的である(危険な資金調達を避ける)。
    ―貯えた資金を利用し、自社の成長と進化をコントロール。
    (2)自社を取り巻く世界に敏感である(変化のマネジメントに優れている事)。
    ―戦争、不況、技術革新など、環境の新しい情報にタイミングよく対処する。
    (3)アイデンティティを自覚する。
    ―社員全員が一つの企業に属していると感じる。
    (4)新しいアイデアに寛容である。
    ―知識の拡大につながる実験や奇抜な行動に寛容な態度を示す。
    Ex: 1854年創設されたW•R•グレースは、砂糖からはじめ天然肥料の商売をしていたが、やがてパン•アメリカンを設立し、現在は腎臓透析サービスでアメリカのトップ企業になっている。
    リビング•カンパニーのための4つの指針
    (1) 資産ではなく人間に価値を置く。
    Ex: デュポンは創設時には火薬製造業だったが、現在は特殊化学製品メーカーになっている。三井は呉服商からスタートし、銀行、鉱山、製造業など、いろいろな事業に進出している。つまり多角化によって戦略的資産が変わっても、人間によって企業は維持できるし、新たな発展を期待できるのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

         成長戦略論-リビング·カンパニーになるために
     
                                
                                
    1.リビング·カンパニーとは
    変化に適応し、永続性の高い、いわゆる長寿企業のことをリビング·カンパニーという。
    2.研究背景、内容
    3.リビング·カンパニーの4つの特徴
    資金調達に保守的である(危険な資金調達を避ける)。
    ―貯えた資金を利用し、自社の成長と進化をコントロール。
    自社を取り巻く世界に敏感である(変化のマネジメントに優れている事)。
    ―戦争、不況、技術革新など、環境の新しい情報にタイミングよく対処する。
    アイデンティティを自覚する。
    ―社員全員が一つの企業に属していると感じる。
    新しいアイデアに寛容である。
    ―知識の拡大につながる実験や奇抜な行動に寛容な態度を示す。
    Ex: 1854年創設されたW·R·グレースは、砂糖からはじめ天然肥料の商売をしていたが、やがてパン·アメリカンを設立し、現在は腎臓透析サービスでアメリカのトップ企業になっている。
    4.リビング·カンパニーのための4つの指針
    資産ではなく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。