マーケティングに関して

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数1,625
ダウンロード数62
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    マーケティングで製品というのは、消費者の問題を解決する「便益の束(Bundle of benefit)」としてとらえている。例えば、女性が口紅を買うのは、単に口紅そのものが欲しいからではなく、美しくありたいという問題解決のために買うのである。単なるモノではなく、美しさという夢までがマーケティングにおいての製品といえる。すなわち、マーケティングにおいての製品は買い手が購買し、所有し、そして消費から得られる物質的、心理的、および社会的満足の総和である。この観点からみる製品は付属物、包装、およびサービスなどを含んだ消費者を満足させる対象である。
     一方、コトラーによると、製品はニーズとウォンツを満足させるため、注目、取得、使用、消費を目的として市場に提供されるモノと定義づけられている。
    このような製品の分類としては、まず、新製品と既存製品、2つに分けられる。新製品は、今まで市場費なかったモノ、つまり自社も他社もないモノであり、既存製品はその新製品を除いたモノである。しかし、マーケティングからみる新製品とは、前述した新製品から発展させることができる。それは、第1に、自社にはないが、他社にはあるモノ、第2に、自社はあるが、他社にはないモノ、第3に、自社も、他社もあるモノである。これらは、既存製品のパッケージや容器などを変えたり、または、中身の形を変化させた製品までマーケティング的な新製品といえる。
    また、製品の2つ目の分類としては、消費財と生産財に分けることができる。消費財は、一般の消費者が使用する消費者用品で、コンビニエンス・ストアやスーパーなどで買うことができる最寄品と、衣類や電気製品など店を回り、比較した上で購入する買回品、そして高級品や特定のブランド品のように特定の店で購入する専門品の3つに分けられる。
    生産財は業界用品である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    製品
    マーケティングにおいて、製品はどのように定義されるのか、また製品はどのように分類されるか。
    マーケティングで製品というのは、消費者の問題を解決する「便益の束(Bundle of benefit)」としてとらえている。例えば、女性が口紅を買うのは、単に口紅そのものが欲しいからではなく、美しくありたいという問題解決のために買うのである。単なるモノではなく、美しさという夢までがマーケティングにおいての製品といえる。すなわち、マーケティングにおいての製品は買い手が購買し、所有し、そして消費から得られる物質的、心理的、および社会的満足の総和である。この観点からみる製品は付属物、包装、およびサービスなどを含んだ消費者を満足させる対象である。
     一方、コトラーによると、製品はニーズとウォンツを満足させるため、注目、取得、使用、消費を目的として市場に提供されるモノと定義づけられている。
    このような製品の分類としては、まず、新製品と既存製品、2つに分けられる。新製品は、今まで市場費なかったモノ、つまり自社も他社もないモノであり、既存製品はその新製品を除いたモノである。しかし、マーケティングからみる..

    コメント3件

    casper 購入
    なかなか
    2007/01/22 11:06 (9年10ヶ月前)

    yoichiash 購入
    よかった
    2007/06/17 14:56 (9年5ヶ月前)

    ic051203 購入
    レポートを作る際の参考になりました
    2007/12/03 13:15 (9年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。