和解案

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,014
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    和  解  書
    平成17年12月○○日 
    原告訴訟代理人弁護士  ○ ○  ○ ○ 
    1 乙野次郎(以下、乙)は、甲野太郎(以下、甲)に対し、本件和解契約(平成12年6月1日付甲及び乙作成の「借用証書」と題する書面に基づく和解契約のこと。)の金銭債務として、金150万円の支払義務のあることを認める。
    2 乙野丙男(以下、丙)は、甲に対し、上記の債務を連帯保証する。
    3 乙及び丙は、甲に対し、第1項の金員を、平成17年12月20日までに、原告訴訟代理人の指定する銀行口座(○○銀行○○支店 普通預金 口座番号○○○○○○○ 口座名義○○○○)に送金して支払う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民事法総合演習Ⅴ(民事訴訟法)
    和  解  書
    平成17年12月○○日 
    原告訴訟代理人弁護士  ○ ○  ○ ○ 
     1 乙野次郎(以下、乙)は、甲野太郎(以下、甲)に対し、本件和解契約(平成12年6月1日付甲及び乙作成の「借用証書」と題する書面に基づく和解契約のこと。)の金銭債務として、金150万円の支払義務のあることを認める。
     2 乙野丙男(以下、丙)は、甲に対し、上記の債務を連帯保証する。
     3 乙及び丙は、甲に対し、第1項の金員を、平成17年12月20日までに、原告訴訟代理人の指定する銀行口座(○○銀行○○支店 普通預金 口座番号○○○○○○○ 口座名義○○○○)に送金して支払..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。