行政活動法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数536
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問題
     判例(東京高判H13.6.14判時1757号51頁)の判旨に従って場合、行政手続法5条1項所定の審査基準を公にしておかなかったことは、それだけで直ちに、処分取消事由を構成することになるのか、また、場合によって結論が異なると仮定した場合には、いかなる条件の下で取消事由を構成することになるのか。以上について論ぜよ。

    高等裁判所レベルで行手法違反を理由に処分を取り消した最初の事例である。
      「審査基準を公表せず、また法律上提示すべきものとされている理由を提示することなく本件却下処分を行っているところ、このような行政手続法の規定する重要な手続を履践しないで行われた処分は、当該申請が不適法なものであることが一見して明白であるなど特段の事情のある場合を除き、行政手続法に違反した違法な処分として取消を免れない。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    行政法総合演習Ⅰ(行政活動法)
    問題
     判例(東京高判H13.6.14判時1757号51頁)の判旨に従って場合、行政手続法5条1項所定の審査基準を公にしておかなかったことは、それだけで直ちに、処分取消事由を構成することになるのか、また、場合によって結論が異なると仮定した場合には、いかなる条件の下で取消事由を構成することになるのか。以上について論ぜよ。
    1 東京高判H13.6.14判時1757号51頁について
     高等裁判所レベルで行手法違反を理由に処分を取り消した最初の事例である。
      「審査基準を公表せず、また法律上提示すべきものとされている理由を提示することなく本件却下処分を行っているところ..

    コメント9件

    bayerun 購入
    参考になりました。
    2006/05/19 17:55 (10年7ヶ月前)

    yukochankoro 購入
    よかったです。
    2006/07/19 15:36 (10年5ヶ月前)

    a3051657 購入
    参考になりました。
    有難うございました。
    2006/07/23 18:29 (10年4ヶ月前)

    tarouw 購入
    参考にさせて頂きました。
    2006/07/30 10:37 (10年4ヶ月前)

    apple69hoppe 購入
    .
    2006/08/19 0:27 (10年4ヶ月前)

    gyouseiuser 購入
     
    2006/08/22 17:52 (10年3ヶ月前)

    gomagoma 購入
    参考にさせて頂きました
    2006/09/05 4:57 (10年3ヶ月前)

    koshikaban 購入
    good
    2006/09/07 4:42 (10年3ヶ月前)

    blacksarena 購入
    参考になりました
    2006/12/10 14:25 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。