ビール会社に見る企業経営と発泡酒に関する戦略について

会員9,828円 | 非会員11,793円
ダウンロード カートに入れる
ページ数29
閲覧数3,643
ダウンロード数123
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■経営学の基本フォーマットに則り分析し書いているので追検証・参考にしやすい論文です■
    ■構成・視点面でマーケティング関係の論文の参考フォーマットとして活用頂けるはずです■
    ■内容的にも力作と評されましたので一度ご覧頂ければ幸いです■

    はじめに
    企業の経営を学ぶ上で、企業経営の背景や理由を知ることは興味深い。どのような理由で、そのような戦略をとるのか?どのような認識、判断で行動を起こし、現在のような結果になっているのか、それを具体的に考えてみたいと思ったのが、同テーマを選択した、はじまりである。
    自分にとって身近でわかりやすい業界ということでビール業界を選択した、一消費者として、企業をとりまく環境についてもある程度推察はつくし、企業の打つマーケティング施策等についても、よく目にすることが多い。
    ところで、企業の行動原理、つまり、目的とは何だろうか?その大きなものの一つは、簡単に言うと儲けることであろう。また、高尚に言うと、その企業を取り巻く全てのステイクホルダーに満足を提供することである。例えば、株主は、高い配当を得る、もしくは株価があがり保有している株券の価値をあげることであるだろうし、従業員にとっては、会社がいい業績をあげて、より高い報酬や、やりがい等を通じて高い満足を得ることであろう。
    その為に企業は具体的にどのように行動するのかを考えてみると、企業は、自社が身をおいている市場の外部環境変化に対して、その状況を正確に捉え、反応し、機敏に動き、しっかりと収益・利益をあげるビジネスを展開していかなければならない。また、そこであげた収益は次のアクションに有意義に使う必要がある。借金を返すことにより財務状況の改善を図るのか?、次のビジネスの種に投資して、更なる収益をあげるのか?、ここには高度な判断・戦略が必要となる。
    そこで、この卒業論文では、ビール企業が、どのように外部環境を認識し、それらを踏まえた上で、どのような戦略をとり、そしてそれらを展開してきたのか、それは意図した通りに実を結んだのか、そうでないのか、それらを把握・推察し、検証してゆく(もしくは、そのような意気込みで取り組んだ)。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    卒 業 論 文
    タイトル:「ビール会社に見る企業経営と発泡酒に関する戦略について」タイトル:「ビール会社に見る企業経営と発泡酒に関する戦略について」
    2
    ビール会社に見る企業経営と発泡酒に関する戦略について
    はじめに
    Ⅰ章.ビール市場の概略
    1.市場規模
    2.市場の変化について
    3.ビール市場のプレイヤー
    Ⅱ章.ビール会社の概略
    1.各社の財務戦略
    2.各社の商品・マーケティング戦略
    3.各社の経営戦略
    Ⅲ章.各社の経営行動の実例と検証
    1.二番手の追随に対する一番手の戦略(アサヒビール)
    2.経営資源の集中と選択(アサヒ、と競合他社)
    3.2000年の麦芽ビール回帰戦略(各社)
    Ⅳ章.発泡酒に関する各社の戦略
    1.市場の概要
    2.各社の戦略
    3.各社の今後の戦略展望
    参考文献・資料
    3
    はじめに
    企業の経営を学ぶ上で、企業経営の背景や理由を知ることは興味深い。どのような理由で、
    そのような戦略をとるのか?どのような認識、判断で行動を起こし、現在のような結果に
    なっているのか、それを具体的に考えてみたいと思ったのが、同テーマを選択した、はじ
    まりである。
    自分にとって身近でわかりや..

    コメント3件

    niea66 購入
    数値など詳しく分析されていて分かりやすい論文でした。
    2005/11/25 14:50 (11年前)

    garagara 購入
    とても分かりやすかったです。
    2006/01/12 0:51 (10年11ヶ月前)

    kedotaiji 購入
    Good
    2006/05/07 18:02 (10年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。