女性軍隊学校へついで

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数752
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    女の軍隊養成教育を改善して女軍学校を中止することは今後女の軍隊人力の拡大に備える一方、女の軍隊の任務随行能力を向上させて窮極的に女の軍隊の役割と位相を高めることと同時に軍の戦闘力向上にも寄与する為である。これは52年の女軍隊の歴史と伝統に対する断絶を意味することではなくて女軍発展の為の不可避な選択で、はたして女軍学校が廃止されても女軍の歴史と伝統は女の軍隊が存在する綿綿と継承されるだろう。 また陸軍女の軍学校は初任女の軍将校と副仕官を養成する教育機関として身分と職責による任務随行能力を培養する所で、特定性別や出身に対する人事及び身上を管理する所ではない。さらに女の軍隊が89年12月以後病気と概念で脱皮して男女同等な管理体制に変更されて、養成過程も各君仕官学校及び仕官候補生過程などで多様になっている視点で、女軍学校がすべて女の軍隊の求心点役割りを遂行しなければならないと主張することは適切ではないと見る。そして女の軍学校廃止時にも女の軍隊関連政策発展と苦衷処理などは国防部及び陸軍本部女の軍隊担当官を通じて解決することができると見る。 それでも関わらなくて国防部はこれから陸軍、空軍、海軍を含んだ全体女の軍隊関連政策開発と子で及び苦衷処理窓口、女性安保教育、女の軍隊の求心点役を遂行することができる仮称`女軍発展センターを設置する方案を慎重に検討している。 女の軍隊比率が14.6%立ったアメリカの例を見るとき韓国も最小限の自生力水準(5%, 2020年) 到達時まで女軍学校存続が必要だと言う主張。
    女軍の自生力に対する一部論難があるのに、われわれの女軍隊は去る52年の歴史を通じてすでに自生力を保有していると判断される。さらに国防部は現在幹部定員の2% 水準である女軍幹部を2020年まで5% 水準まで拡大するつもりを持って実行の中である。このような中に女軍人力及び役割の拡大の為には女軍隊が男軍と同に任務を遂行することができる能力を強化させてくれなければならないことから男女統合教育がさらに必要になったものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      女性軍隊学校へついで
    女の軍隊養成教育を改善して女軍学校を中止することは今後女の軍隊人力の拡大に備える一方、女の軍隊の任務随行能力を向上させて窮極的に女の軍隊の役割と位相を高めることと同時に軍の戦闘力向上にも寄与する為である。これは52年の女軍隊の歴史と伝統に対する断絶を意味することではなくて女軍発展の為の不可避な選択で、はたして女軍学校が廃止されても女軍の歴史と伝統は女の軍隊が存在する綿綿と継承されるだろう。 また陸軍女の軍学校は初任女の軍将校と副仕官を養成する教育機関として身分と職責による任務随行能力を培養する所で、特定性別や出身に対する人事及び身上を管理する所ではない。さらに女の軍隊が89年12月以後病気と概念で脱皮して男女同等な管理体制に変更されて、養成過程も各君仕官学校及び仕官候補生過程などで多様になっている視点で、女軍学校がすべて女の軍隊の求心点役割りを遂行しなければならないと主張することは適切ではないと見る。そして女の軍学校廃止時にも女の軍隊関連政策発展と苦衷処理などは国防部及び陸軍本部女の軍隊担当官を通じて解決することができると見る。 それでも関わらなくて国防部はこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。