アメリカへの日本人移民の歴史について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,006
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本歴史アメリカ民法経済戦争女性日本人移民

    代表キーワード

    歴史

    資料紹介

    アメリカへの日本人移民の歴史を論じるには、日本人移民が国を離れた時代背景と日本の送出過程、ハワイ、アメリカ西部の受け入れ過程、排日移民法を離れない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカへの日本人移民の歴史について
    アメリカへの日本人移民の歴史を論じるには、日本人移民が国を離れた時代背景と日本の送出過程、ハワイ、アメリカ西部の受け入れ過程、排日移民法を離れない。
    日本人の時代背景
    明治政府のもとには、明治初年から1885年にかけて日本人労働者を求める声が海外から寄せられていた。しかし日本では、帝国からの日本人海外移住はすべて政府により禁じられていた。
    1881年にハワイ国王カラカウアが来日して日本人移民を懇請したことと地方農村の経済状況が悪化したことにより、政府は対策を講ずる必要を感じた。1886年日本、ハワイ両国の監督下に日本人移民を送るという提案つまり労働協定が東京で調印されることになった。これは1885年から1894年までの日本人のハワイ移住を支配することになった。
    日本人移民の送出、ハワイの受け入れ過程と移民生活
    日本政府は国内における農民の経済的圧迫をある程度緩和する事を期待して日本人労働者をハワイへ送ろうとした。移民送出は移民会社とハワイの砂糖耕主の間に労働契約を通して実現された。労働契約書には、住民は「間取り十分、健康的、適度な住み心地」と書いて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。