NGOの経営環境について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数756
ダウンロード数42
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    NGO活動は、環境問題、核問題、軍事問題、人権問題、経済問題、南北問題など地球規模の問題群を解決することで目覚しい成果をあげている。しかしNGO活動はどの国、どの地域に限らず、成果をあげるまではあまりにも順調ではない。それは、NGOは複雑な経営の外部環境と内部環境をもっている組織からである。
    まず、NGOの経営環境とは何か。NGOが経営活動を行っている「場」、それを[経営環境]という。その経営環境には?内部環境と、?外部環境がある。内部環境にはNGOがもっている経営資源、例えば技術、スタッフ、資金などの問題、NGOがおかれている内部構造、NGOが何かを達成しようとしている理念などが含まれる。外部環境は、NGOを取り囲んでいる多様な「利害者集団」からなる。具体的に言うと、?民間企業、?スタッフ、?政府、?地域社会などである。つまり文化的社会環境、政治、法律的環境、経済的環境などが外部環境として無視できない。以下はNGOの外部環境と内部環境の問題点及び解決策について論じていく。
    1.外部環境の問題
    ?資金、助成金をめぐる問題
     NGO活動を制約している最大の要因は資金である。NGOは基本的にボランティア支援を行っているにしても、基本的な管理、運営コストは免れない。日本の場合、NGOの主な財源となっている政府系補助金は近年、大幅に増加した。その結果、NGO事業自体は拡大されても事業管理費は増えてないのが現状である。従って、日本のNGOは必然的に各種コストを切り込まざるを得ず、人件費を圧縮しなければならないのである。
    近年、一般からNGOへの寄付、会費収入が伸び悩んでいる。ボランティア活動やNGO活動への関心が高まっていてもそれは、寄付、会費の増加としては現れない。このような財政難の中、NGO活動を活性化する重要な役割を働くのは助成金である。日本の場合、海外への事業費はほとんど助成金に頼っている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    NGOの経営環境について
    NGO活動は、環境問題、核問題、軍事問題、人権問題、経済問題、南北問題など地球規模の問題群を解決することで目覚しい成果をあげている。しかしNGO活動はどの国、どの地域に限らず、成果をあげるまではあまりにも順調ではない。それは、NGOは複雑な経営の外部環境と内部環境をもっている組織からである。
    まず、NGOの経営環境とは何か。NGOが経営活動を行っている「場」、それを[経営環境]という。その経営環境には①内部環境と、②外部環境がある。内部環境にはNGOがもっている経営資源、例えば技術、スタッフ、資金などの問題、NGOがおかれている内部構造、NGOが何かを達成しようとしている理念などが含まれる。外部環境は、NGOを取り囲んでいる多様な「利害者集団」からなる。具体的に言うと、①民間企業、②スタッフ、③政府、④地域社会などである。つまり文化的社会環境、政治、法律的環境、経済的環境などが外部環境として無視できない。以下はNGOの外部環境と内部環境の問題点及び解決策について論じていく。
    外部環境の問題
    ①資金、助成金をめぐる問題
     NGO活動を制約している最大の要因は資金..

    コメント1件

    myomswe 購入
    とても勉強になりました。
    2007/06/15 0:49 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。