『近代日本における「愛」の虚像を読んで』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数458
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    実は私もここに書かれているように、クリスチャン偽善者のようだと思っていた。本当に彼らは神やキリストを信じているのか疑問で、クリスチャンの心の中をのぞいてみたいと何度も思った。よく小学校の門の前で紙芝居をしたり私の家にチラシを配りにくるクリスチャンをみて、いつもそう考えていた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ドイツ文学演習
      『近代日本における「愛」の虚像を読んで』
     実は私もここに書かれているように、クリスチャン偽善者のようだと思っていた。本当に彼らは神やキリストを信じているのか疑問で、クリスチャンの心の中をのぞいてみたいと何度も思った。よく小学校の門の前で紙芝居をしたり私の家にチラシを配りにくるクリスチャンをみて、いつもそう考えていた。お祈りをしたり、教会に行ったりすることで、満足しているだけではないのかと少しひどいことも考えたりした。ということは、私は「愛」を日本人の視点で解釈しているのだろう。私も不可能な「愛」を信じていない一人なのだ。
     「愛」について考えたことなど考えたことがなかった..

    コメント1件

    kazakura 購入
    書式がしっかりしていて読むほうも読みやすい。
    2006/01/08 11:48 (10年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。