知っていることと知らないことを知ることが知識の全体像である。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数420
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    人は生まれた時、知識は無に等しいのである。しかし成長の過程で、私達は色んなことを知ろうとする、個々の関連も考え、一つずつ積み重ねていくのである。つまり興味心が私たちの知ろうとする気持ちを掻き立てているのである。私達は小さい時から興味心に満ち溢れていた、それは自分がその時に知らない事があったからである。大人になるにつれて、自分の知っている事が全てだと思い込む人が多い、一つの環境に閉じこもらず、視野を広げることが知識の増加に繋がるのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人は生まれた時、知識は無に等しいのである。しかし成長の過程で、私達は色んなことを知ろうとする、個々の関連も考え、一つずつ積み重ねていくのである。つまり興味心が私たちの知ろうとする気持ちを掻き立てているのである。私達は小さい時から興味心に満ち溢れていた、それは自分がその時に知らない事があったからである。大人になるにつれて、自分の知っている事が全てだと思い込む人が多い、一つの環境に閉じこもらず、視野を広げることが知識の増加に繋がるのである。
    例をあげてみよう、ある女性を男性二人に観察してもらう、一人は美しいと評価し、もう一人は性格が悪いと批判する、つまりニ種類の知識を得ることができる、このように人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。