マクドナルドは今・・・・

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数797
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    健康志向は二〇〇二年、子供二人が高脂肪・高カロリーな食事が原因で肥満したことから、マクドナルドを相手に損害賠償訴訟を起こし、賠償金を支払うことになった、また二〇〇四年に一か月間マクドナルドだけで食事をとって、健康状態がどうなるのかを実験したドキュメンタリー映画「スーパーサイズ・ミー」がアカデミー賞をとったなど、お客の健康面への関心がだんだん高まってきている。
     しかし、健康を損なったことは果たして、本当にマクドナルド側の責任なのだろうか、肥満大国のアメリカでは、高カロリーな食事が原因で、半分以上の人が肥満になり、それによって健康を損なう人は数多くいる、不健康であると、国民は仕事ができず、労働力の減少につながる、収入を失った家族は生活が厳しくなる、さらに経済や社会全体の流れが停滞してしまう恐れがある、審判がマクドナルドに対して、賠償金を支払わせたのは、サラリーマンのファーストフードへの転移、外食の増加など、肥満大国のアメリカならではの国民の健康への配慮から、健康な食べ物ではなかったファーストフード店に新しい課題を与えたのではないだろうか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     マクドナルドは開業当初、分業体制とセルフサービス方式を導入し、今までになかった「早さ・低価格・手軽さ」を武器に成長し続けた、しかし近年では外食をする人が増えたため、満腹感を得るだけではなくて、健康面への配慮もサービス内にいれなければいけなくなり、ファーストフードのマクドナルドはお客の要望に答え、経営再建計画を立てるなどして、全体の改良を目指している。
     健康志向は二〇〇二年、子供二人が高脂肪・高カロリーな食事が原因で肥満したことから、マクドナルドを相手に損害賠償訴訟を起こし、賠償金を支払うことになった、また二〇〇四年に一か月間マクドナルドだけで食事をとって、健康状態がどうなるのかを実験したド..

    コメント1件

    forza250 購入
    参考になりました
    2005/12/21 2:17 (11年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。