日本の高齢化社会について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数4,132
ダウンロード数60
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    年金支給額の増加が見込まれている日本、増税を考えている人も多くいるが、国民の多くが反対し、消費を冷やかす恐れがある、増税よりまずは無駄な歳出削減を優先し人件費の削減、無駄と浪費をきっちりと解決すべきと思います、また職が無い人のために就職相談窓口を設け、リストラや不安定雇用に歯止めをかける、更に年金納付者が六割しかないため、今後は残りの四割に対し、何らかの制限を設け、強制的に徴収する事、全体の負担額を減らすことができる、年金の支え手を一人でも多く増やす事が重要であると思います、将来的にも少子化を改善するのは重要な事であり、出生率が1.29という現状にも何らかの手を打たなくてはならない、例えば出産一時金の引き上げや学費の負担を減らすための児童手当対象者の拡大、或いは台東区のように中学三年生までなら医療費を無料化するなど、保護者の家計負担を軽くすることは、国民が安心して生み育ちやすい社会作りに欠かせない事だと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    今、日本では少子高齢化社会になりつつあることが深刻な問題になっている。今までは高齢者よりも労働者が多かったが、将来は労働者が高齢者の数を下回り、よって年金の支給額が減り、労働者の保険料負担も重くなると予想されている、また高齢化に伴って、痴呆や寝たきりなどの介護を必要とする老人らが増え、専門病院や介護施設の不足が問題となっているのである。
    年金支給額の増加が見込まれている日本、増税を考えている人も多くいるが、国民の多くが反対し、消費を冷やかす恐れがある、増税よりまずは無駄な歳出削減を優先し人件費の削減、無駄と浪費をきっちりと解決すべきと思います、また職が無い人のために就職相談窓口を設け、リストラ..

    コメント3件

    tyakotyan 購入
    ですます調に問題あり
    2006/07/20 21:14 (10年4ヶ月前)

    rieko0121 購入
    コンパクトにまとまっていてとても参考になりました。
    ありがとうございます。
    2006/12/11 13:24 (10年前)

    drummer 購入
    参考になった
    2006/12/17 20:37 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。