資本主義と社会主義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,882
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     資本主義は産業革命に始まり、生産手段を資本として私有する資本家が、社会に貨幣を投下し、投下された貨幣が社会を運動してより大きな貨幣となって回収される場合この貨幣が資本と呼ばれる。個人・企業などの経済主体は、みずから意思決定を行うことができ、公共設備などの最低限なもの以外、政府から指示と干渉を受ける義務はない。誰でも商品の生産が可能になり、自由競争ができる。また財産の所有権は個人が持つことになっている。弱肉強食の世界であるため、必ず勝者と敗者が現れる。これが貧富の差を拡大したのである。だから政府は独占禁止法や社会保障などを取り入れ、経済の衰弱を防いでいる。商品は需要と供給に応じて価格が調整されるという市場経済が特徴である。しかし景気変動が起こりやすく、「恐慌」、「失業」、「労働問題」といった社会問題が次々に生じてしまうのである。
     対して、発展に伴って、貧困や階級対立といった社会的な矛盾や社会問題に対する批判の思想が社会主義を造り出したのである。社会主義は経済の平等を掲げていて、計画経済の制度を取り入れており、生産と分配の手段・方法を、社会の成員全体で共有することによって社会を運営していく体制である。「賃金の格差」は余りなく、均等に分配されるため、貧富の格差がない。国による社会保障も充実していて、暮らしやすい社会になるはずだった。「社会主義」に貨幣自体は存在するが、私有の土地が持てなかったり、会社が作れなかったり、自由に職業を選べなかったりする。主に国が中心となって行う「計画的な経済活動」がその主流である。いくら働いても平等な分配をうけるため、競争原理が働きにくい。だから資本主義諸国と比べたら、経済発展の面では大きく劣っている。そうしたことから現在の社会主義は市場経済を取り入れている国が多くなり、一般的には社会主義市場経済として知られている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     資本主義は産業革命に始まり、生産手段を資本として私有する資本家が、社会に貨幣を投下し、投下された貨幣が社会を運動してより大きな貨幣となって回収される場合この貨幣が資本と呼ばれる。個人・企業などの経済主体は、みずから意思決定を行うことができ、公共設備などの最低限なもの以外、政府から指示と干渉を受ける義務はない。誰でも商品の生産が可能になり、自由競争ができる。また財産の所有権は個人が持つことになっている。弱肉強食の世界であるため、必ず勝者と敗者が現れる。これが貧富の差を拡大したのである。だから政府は独占禁止法や社会保障などを取り入れ、経済の衰弱を防いでいる。商品は需要と供給に応じて価格が調整され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。