死生観

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数5,347
ダウンロード数54
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    死と生は同じものであり、いかに死ぬかはいかに生きるかによるものなのである。

    この文章は私に死と生のあり方とは何かについて、深く考えさせられた。文章の中の百万回死んだねこは最後に人を愛すことを知り、白いねこのために生きた、それまで彼は人のために尽くそうとしたことがなく、満足した死を迎えることが出来なかったのである。人は誰かのために生きた方が、価値のある死を迎えられる。つまり死と生は同じものであり、いかに死ぬかはいかに生きるかによるものなのである。
     生きることとは単に呼吸して、宇宙空間に存在するというものではない、私たちは行動を計画された二足歩行のロボットのような生き方をしてはいけないのである。充溢した生き方をするにはどうすればいい、それは個人個人違うでしょう、でも同じだといえることは、自分のため以上に他人のために生きることである。そのほうが私たち人間は自分に厳しくなれて、強く生きられるのであ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     この文章は私に死と生のあり方とは何かについて、深く考えさせられた。文章の中の百万回死んだねこは最後に人を愛すことを知り、白いねこのために生きた、それまで彼は人のために尽くそうとしたことがなく、満足した死を迎えることが出来なかったのである。人は誰かのために生きた方が、価値のある死を迎えられる。つまり死と生は同じものであり、いかに死ぬかはいかに生きるかによるものなのである。
     生きることとは単に呼吸して、宇宙空間に存在するというものではない、私たちは行動を計画された二足歩行のロボットのような生き方をしてはいけないのである。充溢した生き方をするにはどうすればいい、それは個人個人違うでしょう、でも同..

    コメント2件

    ohkata 購入
    普段考えるにも資料がないので、大変役立ちました。
    2006/02/02 0:19 (10年10ヶ月前)

    manhattan73 購入
    自分的には書きにくい内容だったので助かりました。ありがとうございます☆
    2006/07/26 1:49 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。