コミュニティレベルにおけるケースワーク的方法論の効用と限界

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数882
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     ケースワークとは何らかの問題を抱えていて困窮していたり、何らかのニーズを持っていたりする人(クライエント)に対して行サポートするためのサービスや援助実践である。 また、目標とするところは、クライエントが「Wellbeing」な状態となり、それを自分たちで保てるようになること、あるいは、潜在的に持っている能力を十分に引き出すところにある。このケースワークが持つ主な援助技術や機能として考えられるのは、まず、相談面接における面接技術がある。これは、高度なコミュニケーション技術を用いてクライエントとの信頼関係を構築し、傾聴することにより相手の理解を試みて、相手にもそれを理解してもらう。そして、感情の共有を図ることでクライエントの感情に近づき、話を整理していきながら訴えたいことの真意に近づく。次に、社会資源を活用することがあげられる。これは単にニーズを社会資源に結びつけるだけでなく、適切なものが無いのであれば開発するという意味も含む。これがソーシャルアクションにつながったり、アドボカシーや自己主張訓練や様々なことを学ぶ機会などにもつながる。そして最後にチームワーク力が上げられる。多くの場合クライエントの持つ問題やニーズに対してワーカー個人、または一機関で対応することは難しい。そこで、チームを作り問題やニーズに対応していく。その上でチームワーク力的能力は重要となってくる。
     これらの、主要なケースワークの技術や機能がコミュニティレベルで果たす役割をそれぞれ考えてみると、まずコミュニケーション技術では住民との良好な関係作りの上で役立つ。そしてこれは間接的に地域を組織化する上では不可欠になってくるだろう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉方法論CⅡレポート
    ~コミュニティレベルにおけるケースワーク的方法論の効用と限界について~
     ケースワークとは何らかの問題を抱えていて困窮していたり、何らかのニーズを持っていたりする人(クライエント)に対して行サポートするためのサービスや援助実践である。 また、目標とするところは、クライエントが「Wellbeing」な状態となり、それを自分たちで保てるようになること、あるいは、潜在的に持っている能力を十分に引き出すところにある。このケースワークが持つ主な援助技術や機能として考えられるのは、まず、相談面接における面接技術がある。これは、高度なコミュニケーション技術を用いてクライエントとの信頼関係を構築し、傾聴することにより相手の理解を試みて、相手にもそれを理解してもらう。そして、感情の共有を図ることでクライエントの感情に近づき、話を整理していきながら訴えたいことの真意に近づく。次に、社会資源を活用することがあげられる。これは単にニーズを社会資源に結びつけるだけでなく、適切なものが無いのであれば開発するという意味も含む。これがソーシャルアクションにつながったり、アドボカシーや自己主..

    コメント1件

    yasu2006 購入
    よかった
    2006/10/16 0:13 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。