豊かさの条件

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,618
ダウンロード数43
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    <要約>
    日本の子ども達は、将来に希望を持てない不安な大人達の姿を見ながら、それゆえに安定した地位を求めて激しい競争にさらされている。「楽しい子ども時代」と表現するのに相応しい大多数のドイツの子ども達の生活と、いじめや受験戦争に疲れ、規則と宿題に押し潰され、子どもなのにいつも忙しく、子どもらしい目の輝きを失っている、日本の子ども達の「楽しくない子ども時代」は、国際社会で日本を代表する社会現象とみなされている。そして、学校をもっと人間的な環境にして、子どもが競争にあおられて勉強するのでなく、自分のペース、自分の意欲で学べる環境にしなければならない。
    ドイツでは、小学校から大学まで月謝はタダ。一クラスの子どもの数は20人前後。ギムナジウムではもう少し多いところもあるが、中学からは生徒も親も職員会議に参加して、学校の規則やカリキュラムづくりに生徒達の意見が取り入れられている。子どもこそ教育の主人公なのだから、考えてみればそれは当たり前のことだ。教師は指導要領や教科書を参考にはするが、あくまでも生徒の興味と理解に寄り添って、教師自身の教材研究の成果も活かしながら魅力的な授業を進める。教科書だけに頼って授業をする先生は、怠け者と言われ、授業中の生徒達の質問や討論は実に活発で、特別授業を組むことは、担当の先生達の判断に任されている。日本の教師のように、指導要領に縛られ、授業の月案、週案、時間ごとの案を事前に校長に提出して検閲を受ける義務はない。そして、なぜ日本の教室では一方的な伝達と教え込みが許されるのか。聞く気持ちができていないのに、子ども本位でなく指導要領本位、教科書本位で授業をするところに、元々の無理があるのではないだろうか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <要約>
    日本の子ども達は、将来に希望を持てない不安な大人達の姿を見ながら、それゆえに安定した地位を求めて激しい競争にさらされている。「楽しい子ども時代」と表現するのに相応しい大多数のドイツの子ども達の生活と、いじめや受験戦争に疲れ、規則と宿題に押し潰され、子どもなのにいつも忙しく、子どもらしい目の輝きを失っている、日本の子ども達の「楽しくない子ども時代」は、国際社会で日本を代表する社会現象とみなされている。そして、学校をもっと人間的な環境にして、子どもが競争にあおられて勉強するのでなく、自分のペース、自分の意欲で学べる環境にしなければならない。
    ドイツでは、小学校から大学まで月謝はタダ。一クラスの子どもの数は20人前後。ギムナジウムではもう少し多いところもあるが、中学からは生徒も親も職員会議に参加して、学校の規則やカリキュラムづくりに生徒達の意見が取り入れられている。子どもこそ教育の主人公なのだから、考えてみればそれは当たり前のことだ。教師は指導要領や教科書を参考にはするが、あくまでも生徒の興味と理解に寄り添って、教師自身の教材研究の成果も活かしながら魅力的な授業を進める。教科書だけ..

    コメント4件

    tomokoonei 購入
    よかった
    2006/10/09 19:28 (10年2ヶ月前)

    hoxy6295 購入
    GOOD
    2006/12/24 22:24 (10年前)

    584aa9322 購入
    良くまとめられています。
    2007/02/21 23:34 (9年9ヶ月前)

    matt1128 購入
    参考になりました
    2007/02/28 0:02 (9年9ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。