人格適性検査

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,420
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1 性格検査から自分の性格を客観的な観点から論じなさい。
    授業中に実施したYG性格検査プロフィールから
    ・抑鬱性は、かなり少ない方である。
    この人は、いつも前向きで少しの困難ではめげないだろうと思われると思う。また、以上の点から初対面で接しても第一印象は「明るい人」だと思われる。
    ・気分の変化は、少ない方である。
    この人は、気分の変化があまりないということは、その時の気分で何か物事を決めたり発言をしたりしないと言うことが出来る。つまり自分が言った事にちゃんと責任を持っている人なのだと思われる。一言で言い表すと気分屋ではないのだ、と思われるだろう。
    ・劣等感は、やや大きい方である。
    この人は、同じ人間であっても他人とのちょっとした差を、とても大きな差として受け取ってしまう傾向が強いので自分だけが他人と比べて劣っているのだと思いがちである。このようなタイプの人間は自己嫌悪で何に対しても劣等感を感じてしまうので自信をなくしがちになってしまうだろうと思われる。
    ・神経質は、やや神経質な方である。
    この人は、あまり人が気にしないような些細な事でも常に気に留めているのだろうと思われる。また、やや神経質なタイプの人間は人目が気になったりしてしまうと思われる。しかし、神経質の面があまり周りに出てしまうと、周囲の人間がこのタイプの人とは付き合いづらいと感じることもあるでしょう。
    ・主観的は、どちらともいえない。
    この人は、時には物事を主観的に見たり時には客観的に見たりしたりする性格を持ち合わせているので、視野が広い人なのだと思われる。
    ・協調的は、かなり非協調的な方である。
    この人は、例えばグループを組んで協力して何かを作り上げ計画を進める際、積極的に動こうとせず、ほとんどの場合他人任せになってグループのメンバーに迷惑を掛けると思われる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 性格検査から自分の性格を客観的な観点から論じなさい。
    授業中に実施したYG性格検査プロフィールから
    ・抑鬱性は、かなり少ない方である。
    この人は、いつも前向きで少しの困難ではめげないだろうと思われると思う。また、以上の点から初対面で接しても第一印象は「明るい人」だと思われる。
    ・気分の変化は、少ない方である。
     この人は、気分の変化があまりないということは、その時の気分で何か物事を決めたり発言をしたりしないと言うことが出来る。つまり自分が言った事にちゃんと責任を持っている人なのだと思われる。一言で言い表すと気分屋ではないのだ、と思われるだろう。
    ・劣等感は、やや大きい方である。
     この人は、同じ人間であっても他人とのちょっとした差を、とても大きな差として受け取ってしまう傾向が強いので自分だけが他人と比べて劣っているのだと思いがちである。このようなタイプの人間は自己嫌悪で何に対しても劣等感を感じてしまうので自信をなくしがちになってしまうだろうと思われる。
    ・神経質は、やや神経質な方である。
     この人は、あまり人が気にしないような些細な事でも常に気に留めているのだろうと思われる。また、..

    コメント1件

    yuki_mi 購入
    YG性格検査の結果から判断される性格と自己分析が比較されていて、とても参考になった。
    2007/03/09 0:47 (9年9ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。