21世紀の日中関係:ともに大国の責任を自覚しよう

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,144
ダウンロード数79
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近年の日中関係において、歴史問題から現実的な諸問題にいたるまで摩擦が絶えず、両国で行われた世論調査でも、相手国に対する不満や反発がよく現れ、「親近感」を示すパーセンテージは低下している。
    このような現状は確かに憂慮すべきだ。ただ、われわれはため息に浸るべきではなく、まずその根本的要因の所在を突き止める必要がある。
    日中両国は互いに脅威になっているか、あるいは今後相手国の脅威になるか。筆者は否定的な見解である。中国の軍事力はまだ発展途上で、抑止力としての核兵器を除けば、海軍と空軍などの通常兵力は韓国、台湾に比べても質的に劣っている。また、中国は経済が発展すればするほど環境破壊や食料供給、資源不足、高齢化などの問題に悩まされるし、政治の民主化も避けて通れない。日本の自衛隊は技術レベルでは周辺国を圧倒するが、対外侵略?拡張ができる規模ではなく、憲法や日米安保条約など制約要因も多い。何よりも、新しい覇権国家の出現を21世紀の世界は受け入れないだろう。
    根本的な利害衝突がない以上、ほかの諸問題はなおさら克服できるはずだ。それにもかかわらず摩擦と対立が多いのは、主に心理的な障害に由来していると思われる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    21世紀の日中関係:ともに大国の責任を自覚しよう
    近年の日中関係において、歴史問題から現実的な諸問題にいたるまで摩擦が絶えず、両国で行われた世論調査でも、相手国に対する不満や反発がよく現れ、「親近感」を示すパーセンテージは低下している。 このような現状は確かに憂慮すべきだ。ただ、われわれはため息に浸るべきではなく、まずその根本的要因の所在を突き止める必要がある。 日中両国は互いに脅威になっているか、あるいは今後相手国の脅威になるか。筆者は否定的な見解である。中国の軍事力はまだ発展途上で、抑止力としての核兵器を除けば、海軍と空軍などの通常兵力は韓国、台湾に比べても質的に劣っている。また、中国は経済が発展すればするほど環境破壊や食料供給、資源不足、高齢化などの問題に悩まされるし、政治の民主化も避けて通れない。日本の自衛隊は技術レベルでは周辺国を圧倒するが、対外侵略?拡張ができる規模ではなく、憲法や日米安保条約など制約要因も多い。何よりも、新しい覇権国家の出現を21世紀の世界は受け入れないだろう。 根本的な利害衝突がない以上、ほかの諸問題はなおさら克服できるはずだ。それにもかかわらず摩擦と対..

    コメント8件

    ozaozadex 購入
    good job!
    2005/12/05 13:45 (11年前)

    tomtomtom 購入
    斬新であった。
    2006/01/30 12:46 (10年10ヶ月前)

    daigoku 購入
    日中関係について、簡潔にわかりやすく、また、興味深く論じられていて良かったです。
    2006/02/07 13:15 (10年10ヶ月前)

    qazwsx1119 購入
    著者の意見も交えておりとてもいい
    2006/06/09 21:21 (10年6ヶ月前)

    tosi1983 購入
    普通
    2006/07/11 16:58 (10年5ヶ月前)

    gbmai2000 購入
    参考になりました
    2006/07/29 14:48 (10年4ヶ月前)

    rukasaaya 購入
    参考になりました。
    2006/11/29 12:33 (10年前)

    kantiko 購入
    わかりやすく簡潔に」まとまってると思います
    2007/08/06 16:22 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。