植物個体群の挙動に対する密度の影響

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数501
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.目的  密度の違いによって植物はどのような反応を示すかを人工個体群を用いて観察、測定し分散分析で解析する。また、密度によって変化が起こる機構や意義について考える。

    3.方法 ?同じ期間育てたハツカダイコンの低密度7ポット(3個体/1ポット)、中密度3ポット(30個体/1ポット)、高密度3ポット(300個体/1ポット)からそれぞれランダムに1ポット21個体ずつ掘り取った。低密度は他の版とデータを共有した。
         ?きれいに洗って個体ごとに根長と葉面積を測り地上部と地下部に分けて乾燥させた。
         ?乾燥させたサンプルを秤量し解析した。
         ?因子を密度、データはそれぞれ葉面積、葉の重量、根長、根の重さで分析し、サンプル数は60に合わせた。
         ?各因子における平均を求め、全体との差aを求めた。
    ?全変動SS、平均変動CT、Aの因子変動SA、残差変動Seを求めた。
         ?各変動の自由度を求め1個分の自由度にたいする因子変動と残差変動をもとめた。
    ?F(因子変動と残差変動を割ったもの)を求めた。
    ?一元配置にたいする分散分析表を作った。
    ?区間推定を行った。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    植物個体群の挙動に対する密度の影響
    1.目的  密度の違いによって植物はどのような反応を示すかを人工個体群を用いて観察、測定し分散分析で解析する。また、密度によって変化が起こる機構や意義について考える。
    2.材料  ハツカダイコン
          Raphanus sativus var.radicula
    アブラナ科
    3.方法 ①同じ期間育てたハツカダイコンの低密度7ポット(3個体/1ポット)、中密度3ポット(30個体/1ポット)、高密度3ポット(300個体/1ポット)からそれぞれランダムに1ポット21個体ずつ掘り取った。低密度は他の版とデータを共有した。
         ②きれいに洗って個体ごとに根長と葉面積を測り地上部と地下部に分けて乾燥させた。
         ③乾燥させたサンプルを秤量し解析した。
         ④因子を密度、データはそれぞれ葉面積、葉の重量、根長、根の重さで分析し、サンプル数は60に合わせた。
         ⑤各因子における平均を求め、全体との差aを求めた。
    ⑥全変動SS、平均変動CT、Aの因子変動SA、残差変動Seを求めた。
         ⑦各変動の自由度を求め1個分の自由度にたいする..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。