免疫学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数431
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート医・薬学免疫学昆虫抗体

    代表キーワード

    薬学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生物学特別講義レポート
    ①哺乳動物のリンパ球の機能と種類について。
    リンパ球を分離すると、胸腺由来のTcell(細胞性免疫、Tリンパ球)と骨髄由来のBcell(液性免疫、Bリンパ球)になる。
    免疫の発動は第1~4段階に分けられ、第3及び第4段階でリンパ球は重要な役割を果たしている。
    第3段階はTリンパ球に依存した特異的な細胞性因子である。Tリンパ球が関与している例として、次の3つがあげられる。ⅰ)癌細胞とウイルス感染細胞を攻撃。ⅱ)抗体産生を促進or抑制。ⅲ)ツベルクリン反応。
    第4段階はBリンパ球が関与した抗体産生系(特異的液性因子)である。結果として抗原抗体反応が起こり、感染力の消失、毒素..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。