憲法人権論証パターン(新司法試験対策)

会員3,240円 | 非会員3,888円
ダウンロード カートに入れる
ページ数20
閲覧数2,100
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法福祉人権法律自由判例問題権利論証新司司法試験

    代表キーワード

    憲法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    憲法人権パターン
    Ⅰ、通常の場合(実質的要件のみが問題)
    第1、規制されている側の主張
    ☆ここでは「どのような点で、どのような侵害が生じているか」を被規制者の立場から具体的に論じることが必要。
    ☆1では単に主張を並べるだけでなく、問題の事情に即した解決方法を論理的に導く。
    (取消訴訟を提起したいから違法事由として…、無罪を主張したいから法律の無効事由として…etc)
    ☆原告の主張だからとにかく人権の重要性を強調→違憲審査基準はあえて定立せずに、目的、関連性、手段の合理性を共に否定して不当な制限である、ともっていく。
    ☆明らかに判例と類似した事例の場合は、原告が判例の違憲審査基準を定立→反論で射程の範囲外を主張→自己の見解で結論。
    ☆主張の中に平等権が含まれる場合、最後に主張するのが通常。
    ☆裁量違反を主張する場合、裁量を認定した上で「処分が憲法上の基本的人権を侵害する場合、裁量権の行使は定型的に逸脱・濫用にあたり行訴法30条により違法な処分となる」
    1、Xとしては、<具体的な事情>から本件規制が①○○条、②△△条に反することを主張する。以下具体的に検討する。
    2、①について
    (1)保..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。