家庭科の内容とイメージのギャップに関する分析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数461
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1.ギャップが起こる原因
    ?「調理」「裁縫」は、一番生活と結びついているから
    ?「調理」「裁縫」は、教わらないとわからないことだから
    2.分析 
    ?について
      一つ目の原因として考えられるのは、「裁縫」と「調理」が家庭科の授業内容の中でも、一番生活と深く結びついているものだからです。家庭科ではよく「衣・食・住」という言葉を耳にしますが、この中の「衣」は「裁縫」と関係があるし、「食」は「調理」と関係していると言えます。特に「食」の「調理」は、私たちが生きていく上で欠かせないものです。もしこれが欠けてしまったら、私たちは食べるものが家庭内で作ることができず、生きていけません。それだけではなく、「調理」ができなければ、家族が作ったものを家族で食べる団欒の時間までなくなってしまいかねません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家庭科の内容とイメージのギャップに関する分析
    1.ギャップが起こる原因
      ①「調理」「裁縫」は、一番生活と結びついているから
      ②「調理」「裁縫」は、教わらないとわからないことだから
    2.分析 
    ①について
      一つ目の原因として考えられるのは、「裁縫」と「調理」が家庭科の授業内容の中でも、一番生活と深く結びついているものだからです。家庭科ではよく「衣・食・住」という言葉を耳にしますが、この中の「衣」は「裁縫」と関係があるし、「食」は「調理」と関係していると言えます。特に「食」の「調理」は、私たちが生きていく上で欠かせないものです。もしこれが欠けてしまったら、私たちは食べるものが家庭内で作..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。