企業リサーチと企業評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数422
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今後の日本経済は、どのように読めるだろうか、メディアから聞かれるのは緩やかな上昇ということがささやかれているようである。しかし、上向くと思われる要素は、どのようなところにあるのだろうか。
    今後、日本経済に大きい影響を与えると感じられるテーマとして考えられるものは、少子高齢化、ブロードバンド普及、身近なものとして安心の確保の3つを挙げる。
    はじめに、日本にとって非常に深刻な問題である少子高齢化についてである。2015年には、65歳以上の高齢者の割合は25.2%となるといわれている。それは年々増加し続け、3人に1人が65歳以上という状況も遠い話ではない。この少子高齢化の問題点としてあげられるのは、高齢化によって発生する医療費の増加、年金問題、介護問題等多くの高齢者に対して必要となる費用が増加する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「企業リサーチと企業評価」
     
    今後の日本経済は、どのように読めるだろうか、メディアから聞かれるのは緩やかな上昇ということがささやかれているようである。しかし、上向くと思われる要素は、どのようなところにあるのだろうか。
    今後、日本経済に大きい影響を与えると感じられるテーマとして考えられるものは、少子高齢化、ブロードバンド普及、身近なものとして安心の確保の3つを挙げる。
    はじめに、日本にとって非常に深刻な問題である少子高齢化についてである。2015年には、65歳以上の高齢者の割合は25.2%となるといわれている。それは年々増加し続け、3人に1人が65歳以上という状況も遠い話ではない。この少子高齢化の問題点としてあげられるのは、高齢化によって発生する医療費の増加、年金問題、介護問題等多くの高齢者に対して必要となる費用が増加する。また、一方では少子化という問題もあり、それは労働力を低下させ、それにともなう税収の減少などにつながってくることあげられる。このように多くの問題はあるものの、高齢者の増加によって広がるビジネスも発生する。日本人の個人金融資産は1400兆円といわれているが、その多くは高..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。