マスコミはいのちの現場をどう伝えたか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数345
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Reno1 「いのち」を巡る価値観の衝突
    ・臓器移植、安楽死、クローン、ES細胞、遺伝子診断など・・・、すでに存在する人間(いのち)の利益のための行為が他者の利益を侵害することがある。例としては臓器移植、存在する人間を脳死と判断するとして、それが互いの利害関係を産む。なぜなら、その他者にとっては、[存在する人間の生命維持をすること=新鮮な臓器が失われる]ということであり、他者自らが不利益となるからである。しかし、それはもう本人の意思の問題であって、本人、または家族が生命維持を望むのであればそれはどう判断するべきなのかが問われている。→助かる見込みがない場合の生命維持に意味はあるのか?などの疑問がある。

    Reno2 生命倫理の限界
    ・Reno1であげたように生命倫理は限界がある。「自己決定」の論理だけでは社会を納得させられない、出口のない迷路を彷徨っているような現状である。

    Reno3 メディアの取り上げ方
    ・メディアはスキャンダルばかり取り上げる傾向があり、社会全体の価値観を取り上げたものとはいいがたい。また、先端医療に関して「いのち」に対する疑問提起はほとんど見受けられない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    総合科目レポート「マスコミはいのちの現場をどう伝えたか」 
    Reno1 「いのち」を巡る価値観の衝突
    ・臓器移植、安楽死、クローン、ES細胞、遺伝子診断など・・・、すでに存在する人間(いのち)の利益のための行為が他者の利益を侵害することがある。例としては臓器移植、存在する人間を脳死と判断するとして、それが互いの利害関係を産む。なぜなら、その他者にとっては、[存在する人間の生命維持をすること=新鮮な臓器が失われる]ということであり、他者自らが不利益となるからである。しかし、それはもう本人の意思の問題であって、本人、または家族が生命維持を望むのであればそれはどう判断するべきなのかが問われている。→..

    コメント1件

    hrm12ch 購入
    すばらしいです。
    2006/01/07 23:12 (10年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。