遺伝子の希望と危険性、人工生殖、体をめぐる医療

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数868
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    <遺伝子の希望と危険性、人工生殖、体をめぐる医療>
    主な単語;クローン、ES細胞、遺伝子情報、ヒトノゲノムの前塩基配列解読、臓器売買
    <幹細胞の代表的なもの>
    ・ 受精した胚(受精卵)から取りだした「胚性幹細胞」(ES細胞=Embryonic Stem Cell)
    ・ 胎盤や成人の骨髄から取りだした「骨髄性幹細胞」 など。
    <問題点>
    取り出すときに授精した胚(初期の赤ちゃん)を殺してしまうため、研究上や医療上の問題がある。
    ※ 胚性幹細胞(ES細胞)による再生医療を 「水子(みずこ)」をばらばらにして臓器をこしらえるのだ と嫌悪を抱く表現もできる。
    <受精と授精の違い>
    IVF:人工受精 (in-vitro [in vitro] fertilization)
    もしくは、体外受精:卵子を体外に取りだして受精させる 
    AI,AID:人工授精 (artificial insemination )採取した精液を女性の子宮に注入して受精させる 日本では受精と授精の言葉が似ているため、頻繁に混同されている。
    <不妊治療>
     不妊であることは元来「病気ではない」(不健康ではない)。が、なぜか 不妊症 と呼称され、治療 の対象であることが当たり前になっている。不妊治療・生殖医療には「繁殖用整形手術」めいたものも含まれる。なぜ「子どもができないことが病気」であり「治療の対象」になり「受胎できるよう努力」しないと責められてしまうことになるのか、どこかでねじれているようなモノ。
     リスク
    未だに「人工的な生殖技術を用いると障害率が高めになる」という報告が続いている。
    精子・卵子提供、代理母出産にまつわる法律的問題や”実の親探し”問題、施療上の各種リスク(母体・提供者が被る多大な心的・身体的負担)も少なくない。
     愛情
    人工的な生殖技術を用いてまでして苦労してもうけた子供は、他の自然受胎児に比べるとより望ましい家庭環境で愛情をもって養育されている率が高いと出ている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                           
    <遺伝子の希望と危険性、人工生殖、体をめぐる医療>
    主な単語;クローン、ES細胞、遺伝子情報、ヒトノゲノムの前塩基配列解読、臓器売買
    <幹細胞の代表的なもの>
    ・ 受精した胚(受精卵)から取りだした「胚性幹細胞」(ES細胞=Embryonic Stem Cell)
    ・ 胎盤や成人の骨髄から取りだした「骨髄性幹細胞」 など。
    <問題点>
    取り出すときに授精した胚(初期の赤ちゃん)を殺してしまうため、研究上や医療上の
    問題がある。
    ※  胚性幹細胞(ES細胞)による再生医療を 「水子(みずこ)」をばらばらにして臓器をこしらえるのだ と嫌悪を抱く表現もできる。
    <受精と授精の違い>
    IVF:人工受精 (in-vitro [in vitro] fertilization)
    もしくは、体外受精:卵子を体外に取りだして受精させる
    AI,AID:人工授精 (artificial insemination )採取した精液を女性の子宮に注入して受精させる 日本では受精と授精の言葉が似ているため、頻繁に混同されている。
    <不妊治療>
     不妊であること..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。