医療の中の命

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数521
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

     医療の中の命、私たちは医療という行為と共に生きている。病気になれば病院に行き薬をもらう。重大な以上ならば入院し完治まで治療を受け続ける。その中で、生きるということは何かということに直面する。数多くある事例の中の一つに触れてみた。
     現代の進んだ医学では臓器移植により助かる尊い命がある。だが、その背景には何が潜んでいるのか。すでに日本国内でも何例か成功例が現れている。しかし、基本的に国内での移植は認められてない事が多く、また海外で行うにしても個人ではまかないきれないほどの膨大な資金がいるという事も歴然とした事実である。まだまだその面で整備が必要かつ急務なものである。他にも問題がある。世界各国で言われていることだが圧倒的にドナーが足りない。仮にドナーがあったとする、それでも適合診断など様々な障害がある。成功例は運に恵まれたほんの一握りであるといっていい。これが現実である。けれど、悲観する必要はない。過去に比べれば助かる可能性が増えたのも事実である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医療の中の命~臓器移植問題 生きるということ~         
    医療の中の命、私たちは医療という行為と共に生きている。病気になれば病院に行き薬をもらう。重大な以上ならば入院し完治まで治療を受け続ける。その中で、生きるということは何かということに直面する。数多くある事例の中の一つに触れてみた。
    現代の進んだ医学では臓器移植により助かる尊い命がある。だが、その背景には何が潜んでいるのか。すでに日本国内でも何例か成功例が現れている。しかし、基本的に国内での移植は認められてない事が多く、また海外で行うにしても個人ではまかないきれないほどの膨大な資金がいるという事も歴然とした事実である。まだまだその面..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。