司法制度改革

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数816
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    司法制度の主な問題点として容量が小さく、仕組みが官僚的・硬直的である事。例えば現在の裁判官の組織は、給料の安い裁判官から高い裁判官まで23段階のピラミッドになっており、裁判官は人事権を掌握している最高裁の事務総局の評価を気にしながら昇進を目指す事になる。こういった官僚的なシステムでは、国民のことを考えるより自分の事を考えてしまう裁判官を生み出す危険性があり、現実にそういった問題が起きている。そのため現状の様々な問題に照らし合わせ、司法改革が行われる事になったのである。
    司法制度改革で核となる概念は、「司法の効率性」である。司法制度の理念として第一に挙げられるのは「公正」であろう。途上国の中には司法の独立性や透明性が確立されておらず、腐敗が問題となっている国も少なくない。その意味では「公正」の概念が司法制度の根幹に関わる理念であり、日本の司法制度が、「公正」という点では国際的にみても優秀である事は疑いない。しかしその一方で、コストや迅速性といった「司法の効率性」が軽視されがちであった事も確かである。したがって「司法の効率性」を高める事が、日本の司法制度改革の重要課題である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    司法と法(司法制度改革)                              
     司法制度は時と共に改革されていく。それは社会の変化により現状の制度では不十分となり、社会の変化によって生み出される新たな問題が見出されるからである。本文は現時点での日本司法の問題点を分析し、その対処法において考察するものである。
    司法制度の主な問題点として容量が小さく、仕組みが官僚的・硬直的である事。例えば現在の裁判官の組織は、給料の安い裁判官から高い裁判官まで23段階のピラミッドになっており、裁判官は人事権を掌握している最高裁の事務総局の評価を気にしながら昇進を目指す事になる。こういった官僚的なシステムでは、国民のことを考えるより自分の事を考えてしまう裁判官を生み出す危険性があり、現実にそういった問題が起きている。そのため現状の様々な問題に照らし合わせ、司法改革が行われる事になったのである。
    司法制度改革で核となる概念は、「司法の効率性」である。司法制度の理念として第一に挙げられるのは「公正」であろう。途上国の中には司法の独立性や透明性が確立されておらず、腐敗が問題となっている国も少なくない。その..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。