医療の中の命-臓器移植問題 生きるということ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数550
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

     移植には様々な問題がつきまとう。例としては意思表示の問題がある。心臓移植などのドナーカード。最近ようやく存在は認知されだしてきたものの、カードに意思表示されたのに、その本人の家族らの反対で提供できない場合など様々な問題が取り残されており、まだまだ整備されたものとはいえない。早急な対策が取られるべきだが、様々な考え方が邪魔をする。現実の患者には時間が残されていない。時に、患者やその家族たちは現実に打ちのめされる。それでも尚、希望にすがり回復を願う。それを見る他人生きたいという意志と生きて欲しいという気持ちに激しく心を動かされ協力したいと考える。大事なのは生きたいと願う意志と助けたいと願う意思である。それこそが人々を動かし、患者を助ける源となるべきものだからだ。私は一人でも多くの人が助かるよう願うばかりである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医療の中の命~臓器移植問題 生きるということ~         
    医療の中の命、私たちは医療という行為と共に生きている。病気になれば病院に行き薬をもらう。重大な以上ならば入院し完治まで治療を受け続ける。その中で、生きるということは何かということに直面する。数多くある事例の中の一つに触れてみた。
    現代の進んだ医学では臓器移植により助かる尊い命がある。だが、その背景には何が潜んでいるのか。すでに日本国内でも何例か成功例が現れている。しかし、基本的に国内での移植は認められてない事が多く、また海外で行うにしても個人ではまかないきれないほどの膨大な資金がいるという事も歴然とした事実である。まだまだその面..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。