酵母とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数848
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート酵母子のう菌無胞子酵母

    代表キーワード

    酵母

    資料紹介

    酵母Yeastは古代エジプト時代よりパンや酒の醸造に用いられたりして人類の生活に大きな影響を与えた微生物だと良く知られているが、酵母という言葉は分類学上の用語でなく、一般には通常の生育状態が主として単細胞で出芽または分裂によって増殖する菌類のことを総称して酵母Yeastという。国によってはカビも酵母もさほど区別してないところもある。酵母と区別するためにカビをFilamentus fingiという場合もある。
    細胞の大きさは4〜10μmであって、細胞よりも4〜5倍大きい。形は球形、楕円形、卵型、円筒型、偽菌糸形、ソーセージ型、レモン型、と様々ある。多くの場合、出芽によって増殖する。環境が悪化すると胞子を形成して生命を保存し、条件が整うと発芽し生育を始める。胞子の数は4〜8個程度である。一般的に胞子は一倍体であるが、発芽すると二倍体となる。酵母は古くから酒の醸造に用いられているため非常に多くの種類が育種によって作られている。その代表的なものとしてアルコール酵母としてSaccharomyces cerevisiaeが良く知られている。この酵母は使用目的によってビール酵母やパン酵母などとも言われる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    酵母とは
    酵母Yeastは古代エジプト時代よりパンや酒の醸造に用いられたりして人類の生活に大きな影響を与えた微生物だと良く知られているが、酵母という言葉は分類学上の用語でなく、一般には通常の生育状態が主として単細胞で出芽または分裂によって増殖する菌類のことを総称して酵母Yeastという。国によってはカビも酵母もさほど区別してないところもある。酵母と区別するためにカビをFilamentus fingiという場合もある。
    細胞の大きさは4~10μmであって、細胞よりも4~5倍大きい。形は球形、楕円形、卵型、円筒型、偽菌糸形、ソーセージ型、レモン型、と様々ある。多くの場合、出芽によって増殖する。環境が悪化すると胞子を形成して生命を保存し、条件が整うと発芽し生育を始める。胞子の数は4~8個程度である。一般的に胞子は一倍体であるが、発芽すると二倍体となる。酵母は古くから酒の醸造に用いられているため非常に多くの種類が育種によって作られている。その代表的なものとしてアルコール酵母としてSaccharomyces cerevisiaeが良く知られている。この酵母は使用目的によってビール酵母やパン酵母な..

    コメント3件

    pinktulip 購入
    とてもわかりやすくて良かったです。
    2005/12/16 23:14 (11年前)

    yousuke0315 購入
    レポートを書くのにかなり参考にさせていただきました
    2006/01/15 21:37 (10年11ヶ月前)

    hokutozoroi 購入
    本当に助かりました。わかりやすかったです。
    2006/01/30 22:28 (10年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。