遺伝子とがん

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数438
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.環境因子とがん
    タバコを吸う人は肺がんのリスクが高く、放射線に被曝した人は甲状腺がんが発生している。また、近年オゾン層の破壊によって皮膚がんが増加してきている。
    よって、環境によってがんが発生しやすくなるといえる。しかし、がんは環境だけが原因で発生しない。
    2.家系と遺伝子
    今までの研究で、細胞の接着因子であるカドヘリンの遺伝子が変異を起こすと家族性に胃がんがおきることがわかっている。胃がんだけでなく、乳がんや大腸がんが多い家系もあり、これらを家族性腫瘍という。
    身内にがんが今までに見つかったことがなく、遺伝性が考えられない場合でも遺伝子を調べてみるとがんの細胞には遺伝子の変異がおきていることがある。
    例えば皮膚の細胞の1個に遺伝子の変異がおき、その細胞が増えて皮膚がんになる。よってがん細胞にはすべての遺伝子に変異がおきている。がんが大きくなり、性質がより悪性になるにつれて、他の遺伝子の変異が加わることがわかっている。
     しかし、体内のほかの細胞には変異がないためそれぞれの個体が作る精子や卵子の遺伝子には変異はない。したがって、子供に遺伝子の変異が伝わることはない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    遺伝子とがん
    環境因子とがん
    タバコを吸う人は肺がんのリスクが高く、放射線に被曝した人は甲状腺がんが発生している。また、近年オゾン層の破壊によって皮膚がんが増加してきている。
    よって、環境によってがんが発生しやすくなるといえる。しかし、がんは環境だけが原因で発生しない。
    2.家系と遺伝子
    今までの研究で、細胞の接着因子であるカドヘリンの遺伝子が変異を起こすと家族性に胃がんがおきることがわかっている。胃がんだけでなく、乳がんや大腸がんが多い家系もあり、これらを家族性腫瘍という。
    身内にがんが今までに見つかったことがなく、遺伝性が考えられない場合でも遺伝子を調べてみるとがんの細胞には遺伝子の変異がおきていることがある。
    例えば皮膚の細胞の1個に遺伝子の変異がおき、その細胞が増えて皮膚がんになる。よってがん細胞にはすべての遺伝子に変異がおきている。がんが大きくなり、性質がより悪性になるにつれて、他の遺伝子の変異が加わることがわかっている。
     しかし、体内のほかの細胞には変異がないためそれぞれの個体が作る精子や卵子の遺伝子には変異はない。したがって、子供に遺伝子の変異が伝わることはない。
    がん..

    コメント2件

    kankankeri 購入
    最高ですね。内容的確でなにより問題点がすばらしい。
    2005/11/16 1:44 (11年前)

    goikegoike 購入
    ちょっと短いけど、なかなかよかった。
    2006/06/11 20:37 (10年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。