官能基の検出

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,826
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    官能基の検出法

    1. 目的
    7種類の未知の試料について官能基の検出を行い、各試料がどのような化合物であるかを推定する


    2. 試料
    Propioaldehyde
    Acetic acid ethyl ester
    Acetone
    Allyl alcohol
    Ethyl alcohol
    n-Hexane
    Phenol

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    化学実験
    官能基の検出法
    目的
    7種類の未知の試料について官能基の検出を行い、各試料がどのような化合物であるかを推定する
    試料
    Propioaldehyde
    Acetic acid ethyl ester
    Acetone
    Allyl alcohol
    Ethyl alcohol
    n-Hexane
    Phenol
    方法
    A-不飽和結合・・臭素付加試験
    1-臭素の酢酸溶液(2%)2滴を試験管にとった
    2-1に試料1,2滴をそれぞれピペットでとった。
    B-アルコール(-OH)硝酸セリウム試験
    1-試薬(硝酸セリウムアンモニウム2gを2N硝酸5mlに加熱溶解して調製する)を4滴ホールピペットで試験管にとった
    2-試料を1滴加えて反応をみた。
    C-フェノール(-OH) Liebermann反応(亜硝酸反応、インドフェノール反応)
    1-試料1滴をそれぞれピペットでとった
    2-2%の割合に亜硝酸ナトリウムを溶かした濃硫酸0.5mlをメスピペットで1に入れ、反応をみた
    D-アルデヒド(-CHO)およびケトン(=CO) 2,4-ジニトロフェニルヒドラジン反応
    1-試料1滴をそれぞれピペットでとった
    2-95..

    コメント1件

    ctulactu 購入
    まさに手抜きレポート…
    2006/06/25 19:39 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。