バイオリアクター

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,586
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1 バイオリアクターとは
    バイオリアクターとは常温、常圧で特異性の高い反応を効率よくできる生体触媒の酵素を利用した反応器である。この技術を応用して従来製造しにくかった物質を生産する事が可能になった。また、バイオリアクターを利用して生産コストを下げることができるようになった。

    4 方法
    1−微生物の固定化
    3%アルギン酸ナトリウム水溶液を10mlビーカーにはかりとった
    パン酵母2gを0.9%生理食塩水8mlに加えて溶解した
    これに3%アルギン酸ナトリウムを加えて攪拌した-a
    塩化カルシウムをビーカーにはかりとった
    塩化カルシウムを蒸留水に溶かし、300mlにメスアップした
    aを1%塩化カルシウム水溶液300mlにシリンジを用いて滴下した
    30〜60分攪拌した
    固定化ビーズを調整後、器具を洗浄した

    6 考察
    パン酵母、酒酵母では試料が同じでも香り、味、濁度に変化がみられた。また、酵母によって甘味に変化がみられるのは、生成するグルコースの量が異なるからだと考えられる。
    酸味の強さは本来水溶液中の水素イオン濃度に依存するとともに、陰イオン濃度にも依存している。今回の実験結果からパン酵母よりも酒酵母で発酵させたほうが生産したアルコールの中にこれらのイオンが多く含まれていると示唆される。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    バイオリアクター
    1 バイオリアクターとは
    バイオリアクターとは常温、常圧で特異性の高い反応を効率よくできる生体触媒の酵素を利用した反応器である。この技術を応用して従来製造しにくかった物質を生産する事が可能になった。また、バイオリアクターを利用して生産コストを下げることができるようになった。
    2 実験目的
    バイオリアクターを用いてアルコールを生成し、その原理と利用性を知る
    3 使用器具、試薬、試料
    ビーカー、こまごめピペット、薬さじ、シリンジ、すたーらー、マイクロチューブ、ポンプ、フィルター、チューブ
    パン酵母、酒酵母、アルギン酸ナトリウム、0.9%生理食塩水、グルコース、塩化カルシウム
    グレ..

    コメント2件

    enzime 購入
    題と内容があまり一致していない。殆ど参考にもならなかった。
    2006/07/27 16:58 (10年4ヶ月前)

    blindness 購入
    酵母実践系の実験の資料として良いだろうが、バイオリアクターの資料とは言えない。
    2007/05/26 0:01 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。