アジアの近代化と広告(中国、韓国)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数567
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    アジア諸国は大きく経済成長を達成してきたNIES(新興工業経済群)やASEAN(東南アジア諸国連合)は急速な経済成長を持続している。経済発展と国民生活水準の上昇に伴なってアジア各国の広告が急速に成長し、広告表現や媒体も変化しつつある。この章では政治的にも社会的にも文化的にも異なるアジア諸国の広告を比較し、広告の役割や近代化が広告にもたらす影響などを明らかにすることを目的とする。
    経済成長と広告の発展 高度成長を背景にアジア諸国の広告市場は世界平均と比べ、はるかに早いスピードで拡大してきた。世界の広告市場にアジア諸国・地域が占める重要度が高まりつつある。
    韓国、台湾などのNIESの経済発展戦略は1960年半ばに輸入代替から輸出志向型の発展戦略に転換した。韓国は輸出拡大をベースに高度成長を遂げた。第一次五ヵ年計画が実施された1962年から90年までは、経済成長が年平均9%を超え、これが「漢江の奇跡」と呼ばれるようになった。IAA(国際広告協会)の統計によれば、1978年の時点で韓国の総広告費用は11億8220万ドルで世界の15位ランク付けられたが、1990年になって総広告費は28億2610万ドルで世界の12位に上昇した。広告費対GNP比率は1%から1,2%になった。
    中国の広告は1970年代末から実施した改革・開放政策によって大きく発展した。中国改革とは社会主義独特な中央集権的経済のやり方を改め、西側の市場経済のやり方を取り入れた。経済体制改革によって企業自主権が拡大され、市場競争メカニズムが導入された。さらに、対外開放を行い、多くの中国の企業が海外へ進出し、積極的に広告活動を行う一方、広告意識や手法の改革にも大きな変化が現われた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                                   2005年6月11日 現代広告学
    アジアの近代化と広告
    アジアの近代化と広告
    アジア諸国は大きく経済成長を達成してきたNIES(新興工業経済群)やASEAN(東南アジア諸国連合)は急速な経済成長を持続している。経済発展と国民生活水準の上昇に伴なってアジア各国の広告が急速に成長し、広告表現や媒体も変化しつつある。この章では政治的にも社会的にも文化的にも異なるアジア諸国の広告を比較し、広告の役割や近代化が広告にもたらす影響などを明らかにすることを目的とする。
    経済成長と広告の発展 高度成長を背景にアジア諸国の広告市場は世界平均と比べ、はるかに早いスピードで拡大してきた。世界の広告市場にアジア諸国・地域が占める重要度が高まりつつある。
    韓国、台湾などのNIESの経済発展戦略は1960年半ばに輸入代替から輸出志向型の発展戦略に転換した。韓国は輸出拡大をベースに高度成長を遂げた。第一次五ヵ年計画が実施された1962年から90年までは、経済成長が年平均9%を超え、これが「漢江の奇跡」と呼ばれるようになった。IAA(国際広告協会)の統計に..

    コメント1件

    mackey45 購入
    話のまとまり、読みやすさが感じられなかった。この価格は高いと思う。
    2007/01/23 18:17 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。