少子化、女性の高学歴化・晩婚化と教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数3,074
ダウンロード数44
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題:「少子化、女性の高学歴化・晩婚化と教育」
      未時間女性の友人に協力してもらい(自分は対象にしない)仕事や結婚、出産についてどのような将来展望を持っているのか、ヒアリングを行い、それをまとめなさい。

    <はじめに>
     「少子化」が日本の社会問題となって久しい。それと並行するように「高齢化」の進行も著しい。少子高齢化については、日本の産業構造の変化や医療技術の進歩が大きく影響している。農村社会で構成された日本は戦後復興を経てその産業構造を大きく変えた。農業が国の基幹産業であった時代には、家族総出で農作業にあたり、子供は家にとって大切な「労働者」であった。そのため、労働力となる子供は多いことが望まれ、出生率も高い状況にあった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「女性の社会学」レポート
    課題:「少子化、女性の高学歴化・晩婚化と教育」
      未時間女性の友人に協力してもらい(自分は対象にしない)仕事や結婚、出産についてどのような将来展望を持っているのか、ヒアリングを行い、それをまとめなさい。
    <はじめに>
     「少子化」が日本の社会問題となって久しい。それと並行するように「高齢化」の進行も著しい。少子高齢化については、日本の産業構造の変化や医療技術の進歩が大きく影響している。農村社会で構成された日本は戦後復興を経てその産業構造を大きく変えた。農業が国の基幹産業であった時代には、家族総出で農作業にあたり、子供は家にとって大切な「労働者」であった。そのため、労働力となる子供は多いことが望まれ、出生率も高い状況にあった。そうした社会が解体され農業の機械化が進展し子供はもはや労働者ではなくなった。現在では、労働者として所得をもたらすどころか、養育費や教育費のかかる「出費の対象」に転化した。子供のための出資と医療技術の向上により子供の志望が減少したことで、家庭内の子供の人数は減少した。こうしたことは一般にいわれる説明であるが、この問題を「女性」を通じて見つめ..

    コメント2件

    yosihiro 購入
    実際の調査した内容だったので興味深かった。
    2006/07/19 17:10 (10年5ヶ月前)

    kazukun 購入
    good
    2006/11/13 13:00 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。