『近代財産法の4大原則と現代における意義』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数548
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現代社会において、人々は様々な権利を有し、その補償の反射として様々な義務を負って生きている。古代では、権利の獲得は権力や権威との争いであった。人々は、権力や権限の行使に制限を加え、合理的で公平な権力行使の実現のための法制度を確立し様々な権利を獲得していった。古代から近代に至るまで人々の争いは公権力ないしそれと類似する存在との間で繰り広げられた。そうして先人たちが獲得した様々な権利を手に入れた人々は、合法的支配による権利保障と義務負担を受け入れ、自由・平等・独立な社会を構成する存在となった。
    社会の進展と並行して経済社会も発展を遂げた。人々は権利を確立し、人格を有し人権の享有を保障されるとともに、社会的価値を有する「財産」を持つに至った。そうして社会を動かす主役の座も王や君主から人権と「財産」を有する個々人へと移行することとなった。社会を構成する個々人が社会を運営・維持する主体となることにより個々人間での取り決めや約束事といった私的自治が社会運営には法よりも実効性や柔軟性を有し、社会に対する適合性が認められるようになった。そうして個人と個人の関係は時に調和的で時に対立を生ずることとなったのである。自らを支配する権力との争いに打ち勝った人々は、次に、互いに社会を構成する個人間での権利争いに追われるようになった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「財産法総論」レポート
    『近代財産法の4大原則と現代における意義』
    1.序論
    2.私的自治の原則
    3.私有財産の不可侵―「所有権絶対の原則」
    4.「契約自由の原則」
    5.過失責任の原則
    6.「自由・平等・独立」の法的人格であることの承認
    「財産法総論」レポート
    『近代財産法の4大原則と現代における意義』
    1.序論
     現代社会において、人々は様々な権利を有し、その補償の反射として様々な義務を負って生きている。古代では、権利の獲得は権力や権威との争いであった。人々は、権力や権限の行使に制限を加え、合理的で公平な権力行使の実現のための法制度を確立し様々な権利を獲得していった。古代から近代に至るまで人々の争いは公権力ないしそれと類似する存在との間で繰り広げられた。そうして先人たちが獲得した様々な権利を手に入れた人々は、合法的支配による権利保障と義務負担を受け入れ、自由・平等・独立な社会を構成する存在となった。
     社会の進展と並行して経済社会も発展を遂げた。人々は権利を確立し、人格を有し人権の享有を保障されるとともに、社会的価値を有する「財産」を持つに至った。そうして社会を動かす主役の座も王や君..

    コメント1件

    skyfire 購入
    参考になりました
    2006/09/29 8:18 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。