「中国古代の社会」レポート試験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数472
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ?中国大陸を史上初めて統一
     ?長城建設などの大規模土木事業
     ?貨幣・度量衡などの社会システムの基礎形成
     ?苛政
     秦は、中国大陸を史上初めて統一したと言われている。それに伴って、二世皇帝である胡亥が貨幣・度量衡などの社会システムの基礎を作ったといわれている。貨幣と商業社会の中核となる度量衡といった単位の画一化がもたらしたものは秦を文明化させたと思われる。
     長城建設・墓地建設に代表されるように、秦の皇帝たちは民衆をタダで奴隷のように扱い大規模な土木工事を行った。これが民衆にとっては苛酷な生活を余儀なくされ、悪政と映ったのだろう。しかし、秦時代の大規模な土木工事により、新たな技術が生み出され、その後の農業基盤を培ったともいえる。
     秦という時代は、古代中国の中で社会システムの基礎形成と、土木技術、農業技術の発展に貢献した時代であったといえるのではないか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「中国古代の社会」レポート試験
    問題 Ⅰ)あなたは、中国古代の歴史の中で、秦という時代はどのような歴史的意義を持つ時代だと考えますか。
         具体適時打例を3つ以上あげた上で、自己の見解を述べなさい。
     ①中国大陸を史上初めて統一
     ②長城建設などの大規模土木事業
     ③貨幣・度量衡などの社会システムの基礎形成
     ④苛政
     秦は、中国大陸を史上初めて統一したと言われている。それに伴って、二世皇帝である胡亥が貨幣・度量衡などの社会システムの基礎を作ったといわれている。貨幣と商業社会の中核となる度量衡といった単位の画一化がもたらしたものは秦を文明化させたと思われる。
     長城建設・墓地建設に代表さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。