国際化と日本「コモンズの荒廃からの社会」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数286
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    コモンズの荒廃や環境の劣化が「悲劇」といわれる所以は、コモンズを利用する個人の利益追求行為によって得られる利益はその個人に帰属するが、それに伴う弊害はコモンズを利用する者全員に降りかかるという事実にある。この事実が明らかになると、それまで自由放任であったコモンズの利用には制限や規則が付される。それと同時にコモンズを利用する者に「権利」が生じる。権利の行使と保障のために、さらなる制限や規則が付され、この過程によって社会が形成され、その社会を運営管理する機構をガバナンスという。
     やがて社会機構が高度化してくると、個々人の利害関係を解決するには、ガバナンスの限界が見えてくる。なぜなら、法とは権力によって裏付けられ、その権力の存在もまた何らかの法によって支えられているのであって、その構造が柔軟性や応用力に欠けるからである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際化と日本
    「コモンズの荒廃からの社会」
    *「コモンズ」、「ガバナンス」、「グローバライゼーション」、「パラダイム」、「インフォーマル」の5単語全てを用いた作文
     コモンズの荒廃や環境の劣化が「悲劇」といわれる所以は、コモンズを利用する個人の利益追求行為によって得られる利益はその個人に帰属するが、それに伴う弊害はコモンズを利用する者全員に降りかかるという事実にある。この事実が明らかになると、それまで自由放任であったコモンズの利用には制限や規則が付される。それと同時にコモンズを利用する者に「権利」が生じる。権利の行使と保障のために、さらなる制限や規則が付され、この過程によって社会が形成され、そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。