判例検討-不倫な関係にある女性に対する包括遺贈と公序良俗違反

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,637
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民法判例
    不倫な関係にある女性に対する包括遺贈と公序良俗違反
    論点「不倫な関係にある女性に対する包括遺贈の行為は公序良俗違反
    を構成するか?」
    <序論>
    重婚的内縁関係とは、一方において婚姻関係が継続していながら、他方におい
    て内縁関係が存在する場合の内縁関係をさす。相続などにおいては原則として、
    法律上の配偶者の地位の方が優先される。例外的に婚姻関係が形骸化し、その他
    に婚姻と同視しうる生活関係が存在する場合には正面からは認められないが、間
    接的・部分的にその内縁関係を肯定する場合がある。では、不倫な関係にある女
    性に対する包括遺贈の行為は公序良俗違反を構成するのであろうか。
    最判..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。