会社法 企業再編-営業譲渡と合併

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数737
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    会社法
    企業再編―営業譲渡と合併
    問題)A県のB地銀が経営破綻し、公的援助を受けた上で、県北地域を地銀Cが営業譲
    渡を受け、残りの部門を地銀Dが吸収合併した。それぞれの銀行の手続に違いは
    あるか。また、B地銀の顧客・取引先は、住んでいる地位で保護等に違いがある
    か。
    1.総論
    2.営業譲渡
    3.吸収合併について
    4.株主の買取請求権
    1.総論
    不況が続く中、リストラの一環として、営業譲渡や合併が盛んに行われている。特に、
    銀行倒産の場合には、顧客保護が特に問題となる。本問では、A県のB地銀が経営破綻し、
    県北地域を地銀Cが営業譲渡を受け、残りの部門を地銀Dが吸収合併した。本稿で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。