商店街の再生に向けて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数727
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート政治学商店街再生TMO

    代表キーワード

    政治学商店街再生

    資料紹介

    現在のところ、全国の商店街は危機的状況にある。特に地方都市の商店街においては、その疲弊ぶりが顕著である。疲弊した商店街の様子は、閑散とし、空き店舗が目立っており、そのことが、消費者の足を遠ざけるという悪循環になっている。つまり、空き店舗が増加し、不振に陥った商店街では、その魅力が欠けていき、後継者も不足していくのである。また、商店街内の結束が薄く、全体的な活動や方針決定がなされていないことも多い。さらに、そのことが商店街自体の雰囲気を暗くしてしまい、活気が薄れ、消費者も魅力を感じなくなるのである。
    このような悪循環は、20年ほど前から見られ始めた。その理由は、消費者行動の変化である。これは、モータリゼーションの進展に伴い変化したが、その他にも、様々な新業態の店舗や郊外型モールなどの登場により、商店街の競争力は低下していったのである。そして、商店街が専ら中心市街地や駅前にあることから、商店街の衰退は、町のイメージや景観を下げ、町全体の活気を損ねる。大きな次元では、町の活気がなくなることで、住みよい町づくりを妨げるため、流動性の高い知識社会において、人材の確保ができなくなる。そのため、商店街の再生は、当事者だけでなく、自治体や住民にとっても望まれることなのだ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現在のところ、全国の商店街は危機的状況にある。特に地方都市の商店街においては、その疲弊ぶりが顕著である。疲弊した商店街の様子は、閑散とし、空き店舗が目立っており、そのことが、消費者の足を遠ざけるという悪循環になっている。つまり、空き店舗が増加し、不振に陥った商店街では、その魅力が欠けていき、後継者も不足していくのである。また、商店街内の結束が薄く、全体的な活動や方針決定がなされていないことも多い。さらに、そのことが商店街自体の雰囲気を暗くしてしまい、活気が薄れ、消費者も魅力を感じなくなるのである。
    このような悪循環は、20年ほど前から見られ始めた。その理由は、消費者行動の変化である。これは、モ..

    コメント2件

    shoko0223 購入
    まあまあ
    2006/07/11 0:45 (10年5ヶ月前)

    yamabe 購入
    .
    2007/05/21 12:26 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。