非正規滞在者について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数321
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    本レポートでは、日本における非正規滞在者としての外国人の正規化について述べる。講義で習った正規化の必要性の趣旨とは異なるが、私が講義を受けたうえで考える意見を述べたいと思う。
    結論として、私は現在日本にいる非正規滞在者の正規化は必要であると考える。しかし、現在いる非正規滞在者について考えたとき、必ずこれからの外国人の受け入れについても関わってくるが、今後日本が外国人の受け入れ政策をとることには、賛否の立場を明確にすることはできない。その問題については、私の見識からは判断できるような易しい問題ではないと思うからだ。
    日本での生活を願う外国人の生活や人権を考えたとき、私個人の考えでは、外国人の受け入れに対して積極的な立場を取りたいと考える。しかし、その体制を決める行政は、何よりもまず日本の国家・国民のことを考えるべきだと思うし、「人間」というものについて考えるのは、日本のことを考え、受け入れが必要・または可能だと判断してから実行しなければならないと考える。
    そもそも、世界中の国々が、自国のことを考え実行することが、世界の安定や平和につながると考える。そのうえで他国に干渉・悪影響を与えないことも考慮しなくてはならない。そして、世界中で世界の平和について、本当の意味で考えることができるのは、それぞれが整ってから初めて可能だと考える。現段階でNGOなどの活動により世界の平和が目指されているが、そこに世界中の国が加われば、達成はかなり早まると思う。もちろん、現段階でそれがかなり欠如しているから、日本での生活を願う人が表れる。日本も様々な時代と不平等を経過してきている。それでも課題を残しつつ、大きな視点で見れば日本なりの平和を手にしてきている。それは、少なくとも行政が、少しずつ国民の声を反映させる方向にシフトしてきたということだろう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     本レポートでは、日本における非正規滞在者としての外国人の正規化について述べる。講義で習った正規化の必要性の趣旨とは異なるが、私が講義を受けたうえで考える意見を述べたいと思う。
    結論として、私は現在日本にいる非正規滞在者の正規化は必要であると考える。しかし、現在いる非正規滞在者について考えたとき、必ずこれからの外国人の受け入れについても関わってくるが、今後日本が外国人の受け入れ政策をとることには、賛否の立場を明確にすることはできない。その問題については、私の見識からは判断できるような易しい問題ではないと思うからだ。
    日本での生活を願う外国人の生活や人権を考えたとき、私個人の考えでは、外国人の受け入れに対して積極的な立場を取りたいと考える。しかし、その体制を決める行政は、何よりもまず日本の国家・国民のことを考えるべきだと思うし、「人間」というものについて考えるのは、日本のことを考え、受け入れが必要・または可能だと判断してから実行しなければならないと考える。
    そもそも、世界中の国々が、自国のことを考え実行することが、世界の安定や平和につながると考える。そのうえで他国に干渉・悪影響を与えない..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。