佐世保市の福祉政策−高齢者と介護、少子化と子育て支援−

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,165
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本では、世界でも類を見ない速さで少子高齢化社会が進行しており、今後の日本社会を考えるうえでその解決・対策が急務となっている。そこで本レポートでは、佐世保市の少子高齢化の現状と、それに対する取組みの計画・課題について述べることにする。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     日本では、世界でも類を見ない速さで少子高齢化社会が進行しており、今後の日本社会を考えるうえでその解決・対策が急務となっている。そこで本レポートでは、佐世保市の少子高齢化の現状と、それに対する取組みの計画・課題について述べることにする。
     
    まず、少子化対策について述べる。少子化の要因としては、女性の社会進出による晩婚化や結婚率の低下、また出産・育児にかかる経済的な負担などが挙げられる。長崎県の合計特殊出生率は、平成5年あたりから1.7を上回らず横ばい状態が続き、近年も減少を続けている。
    県は平成9年、子供のための環境づくりと子育て支援を推進する目的で、「ながさきエンゼルプラン」を策定した。しかし、今年度出された中間報告によれば、全体的な計画の進捗はほぼ計画どおりであるにもかかわらず、市の合計特殊出生率の低下に歯止めはかかっておらず、平成14年には1.48と、過去最低の数値を示している。県ではこれを見直し、現在「スマイルながさき21」を進めている。また、平成15年に制定された「次世代育成支援対策推進法」に基づき、新たに「長崎県行動計画」を策定することになっている。これらの計画は、出生率..

    コメント3件

    mikakochan 購入
    そんなに長くない文章でよくまとめられていると思った。
    2006/01/15 16:39 (10年11ヶ月前)

    maruyoko2 購入
    参考になりました。
    2006/11/01 9:49 (10年1ヶ月前)

    yukitomo 購入
    参考になりました。
    2007/04/24 8:16 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。