情報システムのライフサイクル

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,314
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    情報システムのライフサイクルとは、要求に応じてシステム(ソフトウェアシステム)が誕生し、稼動・運用されていく中で、保守が繰り返され、最終的に廃棄されるまでの期間を示す。すなわち、ソフトウェアの誕生から死滅までのサイクルである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報システムのライフサイクル
    1
    情報システムのライフサイクルとは、要求に応じてシステム(ソフトウェアシステム)
    が誕生し、稼動・運用されていく中で、保守が繰り返され、最終的に廃棄されるまでの期
    間を示す。すなわち、ソフトウェアの誕生から死滅までのサイクルである。
    ライフサイクルを、各工程に区分けすると、次のようになる。
    ①システム分析(要求定義) ④テスト・管理運営
    ②システム設計 ⑤評価
    ③システム構築(プログラム設計) ⑥保守・廃棄
    ライフサイクルの考え方の大元は、Plan(計画)・Do(実行)・See(検討)である。計画
    を練り、実際に実行してその結果を検討し、その結果を次のシステムの計画に活かしてい
    く。システムを改善しながら、より良いものにしていくのに必要な考え方である。
    このようなライフサイクルに準拠した生産工程にもとづきながら、情報システムが開発
    されていくことになる。
    次に、各工程について説明する。
    ①システム分析(要求定義)
    システム分析では、既存のシステムを分析・調査し、ユーザの要求を把握して、システ
    ムに対する要求仕様書を作成する。システム..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。