精神療法及び環境・社会療法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,299
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.精神療法

     精神療法とは、専門的な知識と技術を持った治療者が、患者のもつ心理的困難を治療者と患者の間で展開する職業的関係を通して改善していく接近法である。その接近には、患者を情緒的に支えたり、教育的に接したり、患者の洞察を求めたりする方法がある。

     その目的は、?症状による苦痛、不安、葛藤、そのためのハンディキャップ、さらには行動の障害パターンに介入してその解消、軽減、修正をはかること、?家庭や社会などの生活現場の適応法の改善、適応能力の向上、?人格の成熟、精神内界の不安や罪意識の解消のための自己洞察の3つに区分される。そうした変化を支える心理的メカニズムとして、情緒的支持、カタルシス、訓練(再教育)自己洞察などがあげられる。以上のような目的の違いによって選択される精神療法には様々な種類があり、共通していえることは次のようなことがあげられる。

     ?精神療法を受ける人は、精神症状、生活障害、社会的不利益をもっているために治療を必要としていること、?職業的関係、つまり、面接回数、やり方、時間、料金など患者と治療者との交渉様式が一定に約束されること(治療構造)、?治療的手技は治療者の恣意的判断によるものではなく、それぞれの精神療法の理念と技法に照らして適切と思われる心理的方法によること、?その内容は社会的事情によって制限されることはあるにしても、治療を担当するにはあらかじめよく訓練されることと、生涯継続研修が必要である。

     精神療法で大切なことは患者の問題にとって、もっとも適切な方法を選ぶことである。その1つの考えとして、さまざまなヘルスケア水準でニーズに合ったサービスを提供することが重要である。

    (1) 支持的精神療法:感情をあえて掘り起こすことなく、不安を軽減することを主眼とて、無意識的葛藤やパーソナリティの問題には深く立ち入らないことを原則としている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神療法及び環境・社会療法について
    1.精神療法
     精神療法とは、専門的な知識と技術を持った治療者が、患者のもつ心理的困難を治療者と患者の間で展開する職業的関係を通して改善していく接近法である。その接近には、患者を情緒的に支えたり、教育的に接したり、患者の洞察を求めたりする方法がある。
    その目的は、①症状による苦痛、不安、葛藤、そのためのハンディキャップ、さらには行動の障害パターンに介入してその解消、軽減、修正をはかること、②家庭や社会などの生活現場の適応法の改善、適応能力の向上、③人格の成熟、精神内界の不安や罪意識の解消のための自己洞察の3つに区分される。そうした変化を支える心理的メカニズムとして、情緒的支持、カタルシス、訓練(再教育)自己洞察などがあげられる。以上のような目的の違いによって選択される精神療法には様々な種類があり、共通していえることは次のようなことがあげられる。
    ①精神療法を受ける人は、精神症状、生活障害、社会的不利益をもっているために治療を必要としていること、②職業的関係、つまり、面接回数、やり方、時間、料金など患者と治療者との交渉様式が一定に約束されること(治療構..

    コメント4件

    fivexrose 購入
    分かりやすくまとめられていてよかった
    2006/05/13 21:55 (10年7ヶ月前)

    yoshinori 購入
    ありがとうございました。
    2006/09/19 12:06 (10年3ヶ月前)

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/28 3:41 (10年2ヶ月前)

    sizu0523 購入
    参考になりました。
    2006/11/07 13:16 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。