精神障害者のケアマネジメント

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,749
ダウンロード数72
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.ケアマネジメントとは

     厚生労働省による障害者ケアマネジメントは、「障害者の地域における生活を支援するためにケアマネジメントを希望する者の意向を踏まえて、福祉、保健医療のほか、教育・就労など幅広いニーズと、さまざまな地域の社会資源の間に立って複数のサービスを適切に結びつけ調整を図るとともに、総合的かつ継続的なサービスの供給を確保し、さらには社会資源の改善及び開発を推進する援助方法である」と定義されている。

    2. ケアマネジメント発展の歴史的背景

     1 9 6 0年代、アメリカにおいて脱施設化政策で、退院した精神障害者に対する地域での生活支援システムの必要があった。1 9 7 0年代後半、NIMH(国立精神保健研究所)はケアマネジメントの前身といえるコミュニティーサポートシステムの考え方を実施した。そして1 9 8 0年、精神保健体制法が成立し、ケースマネジメントが法的根拠を持つようになる。一方イギリスにおいても脱施設化政策の流れの中で1 9 6 8年シーボーム報告、1 9 8 8年グリフィス報告を経て、1 9 9 0年「国民保健サービスおよびコミュニティケア法」ではケアマネジメントをシステムとして導入することになった。

     わが国では、高齢者に対する支援の領域でまず導入され、超高齢者社会へ向けて、地域ケアを推進しようとする流れの中で登場した。そして精神障害者の領域では法改正が相次ぎ、サービス提供のあり方も大きく変化してきた。なかでも1 9 9 3年「障害者基本法」は、精神障害者が初めて障害者施策の対象範囲にあることが法の上で明確にされたのは大きな改正である。そして1 9 9 8年に三障害者のケアガイドラインが厚生省から発表された。この内容は、精神障害者の自立と社会参加を促進し、地域社会における生活を支援するためには、保健医療福祉サービスの量的・質的整備とともに、これらのサービスが精神障害者一人ひとりの抱えるニーズに即して的確に提供される手法を確立することを必要としている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「精神障害者のケアマネジメント」
    1.ケアマネジメントとは
     厚生労働省による障害者ケアマネジメントは、「障害者の地域における生活を支援するためにケアマネジメントを希望する者の意向を踏まえて、福祉、保健医療のほか、教育・就労など幅広いニーズと、さまざまな地域の社会資源の間に立って複数のサービスを適切に結びつけ調整を図るとともに、総合的かつ継続的なサービスの供給を確保し、さらには社会資源の改善及び開発を推進する援助方法である」と定義されている。
    2. ケアマネジメント発展の歴史的背景
     1 9 6 0年代、アメリカにおいて脱施設化政策で、退院した精神障害者に対する地域での生活支援システムの必要があった。1 9 7 0年代後半、NIMH(国立精神保健研究所)はケアマネジメントの前身といえるコミュニティーサポートシステムの考え方を実施した。そして1 9 8 0年、精神保健体制法が成立し、ケースマネジメントが法的根拠を持つようになる。一方イギリスにおいても脱施設化政策の流れの中で1 9 6 8年シーボーム報告、1 9 8 8年グリフィス報告を経て、1 9 9 0年「国民保健サービスおよびコミ..

    コメント6件

    kei8126 購入
    わかりやすかったです
    2006/07/06 23:10 (10年5ヶ月前)

    yoshinori 購入
    GOOD!
    2006/09/20 0:21 (10年2ヶ月前)

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/27 22:06 (10年2ヶ月前)

    megu33 購入
    とても参考になりました。
    2006/11/26 16:00 (10年前)

    sizu0523 購入
    参考になりました。
    2007/02/08 0:59 (9年10ヶ月前)

    nichtstun 購入
    参考になりました。
    2007/06/17 22:41 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。