精神障害者を対象とした集団援助技術について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,851
ダウンロード数66
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.精神障害者の特徴

     精神障害者の多くは、人とつき合うことが苦手で、グループ場面においては緊張しやすいだけでなく、症状を抱えたままグループでの他者との交流場面に参加している人もいる。

    それだけにグループを用いて精神障害者の治療や、障害の軽減・自己理解・自己実現等の援助をめざす時には、精神疾患の特徴を理解し、社会福祉に関する知識と技術を用いてグループの援助を行うことが重要である。

     精神症状として、意識障害、記憶障害、知覚障害、思考障害、感情障害、意欲・行動障害、自我意識障害、神経心理的症状などがある。このように精神疾患による独特の解釈・行動などは普通には理解しがたいものも多い。それらを「普通でない」と捉えるのではなく、「疾病に起因する障害」とみる視点が重要である。

     抗精神病薬が発明されてからは、服薬を継続しながら社会生活を続ける人が増えていった。しかし、さまざまな副作用に悩まされるのもまた現実である。抗精神病薬による副作用としては、ひどい眠気、アカシジア(静坐不能)、硬直状態などがある。また副作用を抑える抗パーキンソン薬は、ジスキネジア(不随意運動)を生じる。結果、薬を減らすか、精神病の苦痛に耐えるかの選択に迫られることになる。このような服薬による不快感から服薬中断に至り、なかなか安定した社会生活を送れずにいる人も少なくない。

     精神障害者にとっての社会参加は、従来の一般概念として、就労することができた状態を社会復帰とする風潮があったが、最近では精神病院から退院し、地域で暮らすことが社会参加であるとの新しい位置づけが主流となっている。精神障害者は外見上判断することは困難なケースが多く、また障害の内容は千差万別である。地域社会の中では理解が乏しく、偏見などにより、精神障害者は社会で孤立している場合が多い。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神障害者を対象とした集団援助技術について」
    1.精神障害者の特徴
     精神障害者の多くは、人とつき合うことが苦手で、グループ場面においては緊張しやすいだけでなく、症状を抱えたままグループでの他者との交流場面に参加している人もいる。
    それだけにグループを用いて精神障害者の治療や、障害の軽減・自己理解・自己実現等の援助をめざす時には、精神疾患の特徴を理解し、社会福祉に関する知識と技術を用いてグループの援助を行うことが重要である。
     精神症状として、意識障害、記憶障害、知覚障害、思考障害、感情障害、意欲・行動障害、自我意識障害、神経心理的症状などがある。このように精神疾患による独特の解釈・行動などは普通には理解しがたいものも多い。それらを「普通でない」と捉えるのではなく、「疾病に起因する障害」とみる視点が重要である。
    抗精神病薬が発明されてからは、服薬を継続しながら社会生活を続ける人が増えていった。しかし、さまざまな副作用に悩まされるのもまた現実である。抗精神病薬による副作用としては、ひどい眠気、アカシジア(静坐不能)、硬直状態などがある。また副作用を抑える抗パーキンソン薬は、ジスキネジア..

    コメント6件

    penpennao 購入
    簡潔にまとめられており、解り易いレポートでした。今後、業務を遂行するに当たり参考にさせて頂きます。
    2006/01/16 20:04 (10年11ヶ月前)

    fivexrose 購入
    分かりやすくてよかったです
    2006/05/13 21:57 (10年7ヶ月前)

    yoshinori 購入
    GOOD!
    2006/09/20 0:21 (10年3ヶ月前)

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/28 3:38 (10年2ヶ月前)

    cleo24 購入
    とても参考になりました。
    2006/11/20 1:34 (10年1ヶ月前)

    sizu0523 購入
    参考になりました。
    2007/02/08 0:59 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。