戦後日本経済と改革開放後の中国経済を比較検討

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,829
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今、最も注目されている中国。いわゆるその改革開放後の中国は日本との関係は、最近では、経済は最も熱いといわれている。
    そして、本研究は改革開放後中国の経済発展と戦後日本の経済改革はどう違うかを比較そして検討する目的だ。
    まず、戦後日本の経済改革は具体的に説明しよう。戦後の日本は戦争による大きな損害を受けた、中には生産活動はほぼ0になった。その後、アメリカ占領軍による経済改革を始まった、この改革は四つに分けられる、財閥の解体、農地の改革、労働三法と教育改革と言われている。この改革によって日本は高度成長期に入った。しかも、この高度成長期は1955年から1972年まで27年間続けたのだ。その理由は2つの面から説明する。1 需要面は、量的拡大のための設備投資、個人消費と輸出この3つの要素が支えてきた。2 供給面は、人口の増加率が高かった、農村から都市への人口移動と高学暦かによる人材の質の上昇3つの要素が支えてきた。高度成長のため、日本経済社会の構造は変化した。まず、1番目就業の変化は1950年の一次産業48.5%、二次産業21.8%、三次産業29.7%から2000年の一次5.1%、二次30.7%三次64.2%に変化した。2番目国民生活の変化、3番目社会的インフラ、4番目はそのゆがみだ。さまざまな要素を備え、ついに、日本はバブル時代に入った、そして、バブルの崩壞による日本今の経済の現状である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    戦後日本と改革開放後の中国の経済発展を比較検討せよ
    今、最も注目されている中国。いわゆるその改革開放後の中国は日本との関係は、最近では、経済は最も熱いといわれている。
    そして、本研究は改革開放後中国の経済発展と戦後日本の経済改革はどう違うかを比較そして検討する目的だ。
    まず、戦後日本の経済改革は具体的に説明しよう。戦後の日本は戦争による大きな損害を受けた、中には生産活動はほぼ0になった。その後、アメリカ占領軍による経済改革を始まった、この改革は四つに分けられる、財閥の解体、農地の改革、労働三法と教育改革と言われている。この改革によって日本は高度成長期に入った。しかも、この高度成長期は1955年..

    コメント3件

    dawaixue 購入
    参考になると思う
    2006/05/27 9:32 (10年6ヶ月前)

    interkillac 購入
    抽象で使えない。
    2008/10/27 14:52 (8年1ヶ月前)

    memo02 非購入
    参考になりました
    2008/12/23 20:22 (8年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。